電気がつく魔法のペンの遊び方や使い方は?価格や購入方法も

『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース』で、AgIC(エージック)回路マーカーが魔法のペンとして取り上げられますね。

これってどんなペンなのかをめちゃくちゃカンタンにいうと、

電気の通り道を書いて作ることができるペン

なんですね。

スポンサーリンク

電気の通り道って一般的にはいろんな金属を素材にした電線やケーブルで作るもんなんですけど、

このペンがあると電線なしでも電気を通すことができるってことですね。

これってすごいですよね。

仕組みも気になるところですが、このペンの使い方や遊び方も気になるところです。

そこで今回は、電気の通り道を書く魔法のペン、AgIC回路マーカーの使い方&遊び方を考えてみました。

・・・とその前に、この魔法のペンを使うために用意するものをまとめます。

魔法のペンを使うために準備するもの

魔法のペンで遊ぶために必要なものは4つあります。

  • 専用のペン
  • 専用の用紙
  • 電源(電池)
  • LED(電球)

これだけ用意する必要があります。

気になる予算ですが、全部アマゾンとかで購入

  • AgIC回路マーカーとA6用紙5枚セットは2930円から、
  • リチウム電池は4個260円etcから
  • LEDは50個入りが500円弱とか

なので、

4000円あれば準備できますね。

個人的には意外と安いと思いました。

それでは使い方をまとめますね。

魔法のペン、AgIC回路マーカーの使い方&遊び方

  1. 子供の教育や自由研究
  2. 学校や塾の教材
  3. 大人の好奇心を満たす
  4. イベントやサプライズ
1.子供の教育や自由研究

やっぱりこの魔法のペンでいちばん感動するのは子供でしょう!

紙でペンを走らせただけで電球がつくのを見て感動した!

っていう体験が科学への興味へのきっかけになって、やたら勉強するようになって科学者になった・・・なんていう子供になるかもしれませんよ。

子を持つ親としては嬉しいことですよね。

先行投資と思えば安いものかもしれません(笑)

さらにはその子供の夏休みの自由研究などにも利用できてしまうので一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

2.学校や塾の教材

これは理科の授業でのマンネリ化を防ぐための施策としても使えますね。

目的としてはもちろん子供の教育のためなんですが、その子供たちの注目を受けて教師としての評判も上がればこれまた一石二鳥ですよね。

やる価値はあると思うので、学校や塾に予算の申請を出してみてはいかがでしょうか?

3.大人の好奇心を満たす

人間というものは大人になればなるほど好奇心や感動が失われていくものです。

授業どころか、人生がマンネリしがちな日々を送る中で、この魔法のペンの不思議さを体験してみるのもいいかもしれません。

実際に映像で観るのと、自分でやるのとでは感動が全然違いますよ。

4.イベントやサプライズ

予算の問題もあるのであまり大規模にはできませんが、

部屋で恋人の誕生日を祝う時やクリスマスパーティー、子供の誕生日などにサプライズとして使うと、ステキな一生の思い出になるでしょう。

魔法のペンで書いた電気の通り道を文字にしてもいいかもしれません。

おめでとう

とか

だいすき

とかですね。

・・・ニヤけてしまいました(笑)

まとめ

今回は魔法のペン、AgIC回路マーカーの使い方と遊び方を考えてみました。

小難しい仕組みよりも、これでどう楽しむかということにスポットを当ててみました。

まだまだ知名度は低いですが、これがもっと実用化されたらいろんな楽しいことができそうですね。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク