逃げ恥に出てきた瓦そばが食べたい!お店の場所や家庭での作り方

逃げ恥の第5話で、ヒラマサの幼少期のエピソードの中に瓦そばが出てきましたね。

ドラマを観ていた人の中には・・・

  • 瓦そばを全然知らなかった人
  • 瓦そばの名前だけは知ってた人
  • 瓦そばを動画で見たのは初めての人
  • 食べたことはある人
  • 地元だしガンガン食べたことがある

スポンサーリンク

・・・とかいろんな人がいたと思うんですが、

逃げ恥に瓦そばが出てきた!

というインパクトはみんな共通だったようで、ツイッターでも話題になってました。

そもそもこの瓦そばっていったい何なんでしょうか?

瓦そばって何?

ドラマ逃げ恥5話に出てきた瓦そばですが・・・

めっちゃおいしそうでしたね!

ヒラマサがミクリに瓦そばの説明をしているシーンでは、

ヒラマサ:山口の名物です。お店では瓦に、あの、屋根の瓦ですけど・・・アツアツの瓦の上にそばをのっけて、その上に錦糸卵と甘辛い牛肉をのせて

と淡々と説明してました。まあ彼にとって瓦そばはトラウマそのものなので、あまりおいしそうに説明してなかったですね。そこは星野源さんのさすがの演技でした。

でも映像に出てきた瓦そばはめちゃおいしそうでした。

熱した瓦をひっくり返して、茶そばを乗せてるから音がジュージュー言ってます。香ばしい香りが漂ってきそうですね~。それをアツアツの麺つゆにつけて食べるんだそうです。これからの寒い季節にうってつけの料理です。

Wikipediaに瓦そばの由来が載ってました。

1877年(明治10年)の西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年(昭和36年)に川棚温泉で旅館を営む高瀬慎一が宿泊者向けの料理として開発したとされる。これが評判となり川棚温泉の他の旅館でも提供されるようになったことから「川棚温泉の名物料理」とされるようになり、さらには下関市を初め山口県内各地でもご当地グルメとして広まり、山口県出身者等により山口県外でも供される店が存在する。

お?

山口県外でも瓦そばを食べられる店もあるみたいですよ。

スポンサーリンク

瓦そばはどこで食べられる?

瓦そばは東京、大阪、名古屋などにある、山口県の郷土料理を提供する店で食べられます。

大阪と名古屋はそれぞれ1軒ずつ、東京はさすがにたくさんありますね。

カンタンに紹介しますと、

東京なら・・・ロンブーの田村淳さんがインスタで紹介してた『だぶる』の西麻布店や、白金高輪にある『ぶち』なども有名ですね。

大阪は梅田にある『瓦そば すずめ』というお店が老舗ですし

名古屋では『瓦そばPIN』で食べられます。

ちょっと興味はあるけど食べに行くほどじゃない、手軽に作ってみたいという人はお家でカンタンに作れます。

家庭で瓦そばを作る

Wikipediaに作り方が載っていました。

  1. あらかじめ具材を用意する。錦糸卵と細切れの牛肉(甘辛い味を付けたもの)が一般的。
  2. 茹でた茶そばを炒める。基本的には瓦の上では炒めず、別途鉄板などで炒める。焼きそばのように炒めると麺が細切れになるため、炒めるというよりは焼き付ける感じで火を入れる。
  3. 熱した瓦の上に茶そばをのせ、具材を色よく盛りつけ、その上から薬味として刻み小ねぎ、のり、スライスしたレモン、もみじおろしをトッピングする。
  4. 茶そばと他の具を一緒に温かいめんつゆにつけて食べる。また、つゆには薄切りにしたレモンを入れ、好みに応じてもみじおろしを加える。

手軽にお家で瓦そばを食べるときは、とりあえ茶そばを買ってきて、フライパンや鉄板で炒めて具材を乗せて、麵つゆにつけて食べる・・・

かなりお手軽にできますね。一人暮らしの定番メニューにいいかもしれません。フライパンでそのまま食べてもいいですよね。一番手間なのは牛肉の味付けくらいでしょうか。

まとめ

今回は逃げ恥の第5話に出てきた瓦そばがあまりにもおいしそうだったのでまとめてみました。

瓦そばが出てきたエピソードは、ヒラマサも知らなかった両親の間にある深い絆のことが明らかになる、というほっこりするものでしたね。

毎回のように何かしらの話題が見つかるドラマ、逃げ恥ですが、次はどんな話題を提供してくれるんでしょうか。

読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

 

READ  ヨシヒコ3:1話の新呪文はスモーデ!ワキガンテ!ヨシズミも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です