間垣親方(時天空)は行方不明だった?彼女か嫁がいたら現在は?

2017年1月31日、元時天空の間垣親方が亡くなられましたね。

死因は悪性リンパ腫とのことでした。

彼の生前の力士としての戦歴などのことを調べようと思い、検索すると、

行方不明、という関連キーワードが最初に出てきたのでどういうことか調べてみました。

まずは間垣親方がどんな人だったのかをまとめますね。

スポンサーリンク

間垣親方(元時天空)はどんな人だった?

元時天空の間垣親方は、19代間垣親方です。

本名は時天空慶晃(アルタンガダシーン・フチットバータル)さんで、モンゴルのウランバートル出身です。

1979年9月10日生まれで、没年月日は2017年1月31日。37歳という若さでした。

間垣親方は若い頃、モンゴルの柔道クラブで後の朝青龍、朝赤龍、日馬富士と稽古をしていたそうですが、間垣親方はそのままモンゴル国立農業大学に進学しました。

当時は力士を目指すつもりはなく、農政や食料の技術の過程を修了して、地元の教師になるのが目標だったそうです。

でも、スポーツ交流のための留学生として東京農業大学に編入して、そこで相撲部に入部して、間垣親方は相撲人生を本格的にスタートさせることになりました。

かつてはモンゴルの柔道クラブで一緒に稽古をしていた、朝青龍、朝赤龍らが大相撲で活躍するの姿を見て、3年生のときに時津風部屋に入りしたんですね。

 

間垣親方は行方不明だった?

間垣親方のことを調べると、『行方不明』という関連ワードが出てきたので、いろいろ調べてみたんですが、

間垣親方自身が生前に行方不明になられたという情報はありませんでした。

そんな中で、なんで『行方不明』という関連ワードが出ていたんでしょうか?

それを説明するのに、まず知っておかないといけないのが間垣親方の『間垣』とは何か、ですね。

『間垣』とは・・・

日本相撲協会の年寄名跡(としよりめいせき)のひとつで、お亡くなりになられた時天空さんは19代目の間垣親方でした。

さらに『年寄名跡』とは・・・日本相撲協会の年寄名跡目録に記載された名を襲名する権利で、その取得者には年寄名跡証書が交付されているようです。

日本相撲協会の役員になるためや、自分の相撲部屋を開くために必要なものだそうです。

18代間垣親方であった元2代目若乃花幹士さんが、日本相撲協会から年寄名跡証書の提出を求められたが、提出期限前日に年寄名跡証書の提出がないまま相撲協会から退職したため、

年寄名跡証書が行方不明になった、という情報が出回ったことがある・・・

・・・という噂があります。

それが事実かどうかはまだわかりませんが、今のところ可能性としてはそれくらいしかわかりませんでした。

スポンサーリンク

悪性リンパ腫ってなに?

悪性リンパ腫というのは、簡単に言うと、血液のガンです。

血液を構成する成分の一つ、白血球の中にあるリンパ球(B細胞、T細胞、NK細胞)がガン化して無制限に増殖することが、悪性リンパ腫といいます。

間垣親方は2015年の7月に脇腹に痛みを覚え、同年の9月に検査した結果、悪性リンパ腫が見つかったそうです。

それ以来、都内で抗がん剤治療を受けいたんですが、早期の発見だったにもかかわらず、病状の悪化を止めることはできなかったんですね。

彼女か嫁はいたの?

2011年ごろに彼女がいたという情報がありましたが、詳しくは分かっていません。

最近の情報も調べたんですが、間垣親方はずっと独身だった可能性の方が高いですね。最近になっても彼女がいたかどうかはわかりません。

もちろんご病気だったということで、看病をなさってた方もいたと思います。

ちなみに、間垣親方の妹さんは白馬毅(はくばたけし)さんという方と結婚しているそうで、この白馬さんも力士をやっていたそうですよ。

まとめ

今回は、元時天空の間垣親方が亡くなられたということで、生前の彼のことをいろいろ調べて気になったことをまとめました。

相撲にはあまり詳しくないですが、どんな力士だったのか調べるほど、好感が持てる人だと思いました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です