与謝野信の経歴や家族!勤務先の証券会社の年収は?反日なの?

2017年2月5日に行われる東京都千代田区長選挙は東京都議選の前哨戦とも言われることで注目が集まる選挙ですが、今年はさらに「小池都知事 VS 自民党都連」と言われ、いつも以上に注目が集まりそうです。

そんな中、今回自民党都連に擁立されて立候補したのが与謝野信(よさのまこと)さんです。

実は、もともと自民党は中央大学の佐々木信夫教授を擁立しようとしていたんですが、その佐々木教授が出馬を辞退したので急きょ、与謝野信さんが立候補することになったんですね。

与謝野さんご本人もおどろかれたんじゃないでしょうか。

今回はそんな千代田区長選挙の立候補者3人のうちの1人である、与謝野信さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

与謝野信の経歴や家族がすごい

与謝野信さんのことを調べれば調べるほど、

彼の優雅な経歴や、由緒正しい家柄、高位な家族や親せきが載った家系図など・・・

なにこの人?すごすぎ

と思います。

そんな与謝野信さんは、現在41歳。昭和50年(1975年)6月7日に東京都で生まれました。

叔父に官房長官や経済財政相を歴任した与謝野馨氏がいるという大物政治家の家系であり、

さらに歌人として名高い与謝野鉄幹、そして『君死にたまふことなかれ』の晶子夫妻の曾孫(ひまご)という非の打ち所がない素晴らしい家系の出身です。

与謝野信さんは中学2年から高校卒業までを父親である与謝野達(とおる)氏の仕事の都合でフランスとイギリスで過ごした経験があるためか、

大学は東京大学文科二類入学するも中退し、イギリスのケンブリッジ大学経済学部に入学、卒業されています。

帰国後は外資系の証券会社に入社し、東京や香港、パリなどで勤務されているようで、エリートサラリーマンとして活躍されていたようです。

その後、TOKYO自民党が設立しているTOKYO自民党政経塾に平成28年(2016年)に第11期生として入塾され、本格的に政治の世界へ歩まれたようです。

勤務先の証券会社はどこ?年収は?

ケンブリッジ大学卒業後に入社された外資系の証券会社を調べてみたところ、フランスの3大メガバンクの1つ、ソシエテジェネラルの日本事業である、

ソシエテジェネラル証券株式会社という会社ということです。

与謝野信さんは現在も勤務されながら政治活動を行ってますが、外資系の証券会社ってかなりの高給なイメージですよね。

営業なのか事務なのか、部署にもよりますけど、営業で好実績なら年収は2000~3000万円くらいはいく仕事ですからね。

うらやましい・・・

いやほんとに・・・

でも、ひょっとしたら今回の選挙で当選したほうが給料が下がる、なんてこともありえますよ。そこはやはり与謝野信さんの使命感がそうさせるんでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

実は反日?という噂の根拠は?

ネットでよく見かける与謝野信さんのことでちょっと気になったことがあるんですが、

ヤフーの関連ワードに『反日』というワードが出てくるんですよね。

これっていったいどういうことなのかな?と調べてみました。

調べるとすぐに、『日の丸的あてゲーム騒動』という言葉が出てきました。

これは何かといいますと、今年の1月22日に、千代田区麹町のとある公園で餅つき大会が開かれたときの出来事だそうですが、

その餅つき大会のイベントの一つで、子供たちがボールを投げる「的当てゲーム」の的が、国旗である「日の丸」に酷似している、ということでちょっと話題になったことがあるんですね。

その的あてゲームを仕切っていたのが、与謝野信さんだったということで夕刊フジに事情を説明したことがあります。

ご本人はもちろん否定していましたが、たしかに日の丸にそっくりな的でした。

この大事な時期にあがった話題としては、なんとももったいないな、という印象でした。

どこで何をツッコまれるかわからないので、選挙の立候補者とか政治家って大変ですね。

まとめ

今回は7月の東京都議選に向けての大切な前哨戦となる、千代田区長選の立候補者の一人、与謝野信さんのことをまとめてみました。

ほんとに『エリート』という言葉がこれほど似合う男はいないんじゃないか、というくらいの輝かしい経歴でした。

テレビでも見ましたが、爽やかで好印象な青年、というイメージが強いですね。

内田茂都議率いる自民党都連推薦の与謝野信さんvs小池百合子知事が支援する現職の石川雅己さんの争いは前回の千代田区長選挙と同様、激戦となることが予想されます。

2月5日はいったいどうなるんでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です