森田健作の経歴やプロフィールと息子(鈴木秀尚)の大学や職業は?

3月26日開票の千葉県知事選挙で、現職の森田健作氏が大差で当選しましたね。

開票前から森田氏の優勢はけっこう予想されていました。

そんな中で唯一、森田健作氏に対抗できると言われていたのが、千葉県の前浦安市長の松崎秀樹氏でしたが、ふたを開けてみると大差でしたね。

当選した森田健作氏氏は、3期目は医師不足対策や子育て支援にも力を入れる方針をアピールしていたので、今後の政策に期待ですね。

今回はそんな森田健作氏について、気になったことをいろいろとまとめました。

スポンサーリンク

森田健作の経歴やプロフィール

まず、森田健作(もりたけんさく)氏の本名は鈴木栄治(すずきえいじ)です。

ご周知のとおり、森田氏は元俳優ということもあり、芸能界から政界に転身した際に、芸名をそのまま引き継いだ、という形になります。

森田健作氏は、1949年12月16日に東京の大田区に生まれました。現在67歳です。

彼は大田区立矢口東小学校の6年生のときから剣道の道場に通うようになり、かなりの腕前になったんだそうです。

さらに大田区立安方中学校の3年生の時には、剣道の試合で高校生にも勝ってしまうくらい強かったみたいなので、森田氏はそうとう剣道が上手かったんでしょうね。

 

そんな森田氏は、東京都港区芝公園にある私立正則高等学校を卒業して、大学を受験したんですが失敗して、浪人生活を送ることになりました。

そしてその時期に、森田健作氏の姉の紹介でサンミュージックのマネージャーを知り合い、縁があって芸能界入りしました。

ちなみに森田健作氏は、1978年に明治学院大学法学部を中退しています。

彼が高校を卒業してから10年後に中退しているので、芸能活動をしながら大学に通っていたんでしょうか。

彼の芸能活動としては、

1970年代前半に「おれは男だ!」などの青春ドラマに主演してブレイクして、

歌手としても「さらば涙と言おう」「友達よ泣くんじゃない」などのヒット曲を連発しています。

政治家としては

1992年の参議院議員選挙、

1998年の衆議院議員補欠選挙

2000年の衆議院議員選挙に当選していて、

2009年からは千葉県知事を務めていて、2017年からは3期目を務めることになりました。

森田健作の家族や息子の大学や職業は?

森田健作氏の家族に関してですが、

彼は1986年10月15日にご結婚をされています。

奥さん(美子)は当時、全日空のフライトアテンダントとして勤務していたそうで、ネットでは美人だと話題に上がっていたこともあったみたいですね。

そして2人の間には「秀尚(ひでたか)」というお名前の息子さんがいます。

彼は2009年の時点で17歳の高校生だった、という情報が見つかったので、現在は25歳になっているんでしょうか。

スポンサーリンク

また、「森田健作 息子」と、ヤフーで検索すると、「大学」「職業」という関連ワードが出てきます。

そこで気になってちょっと調べてみたんですが、「大学」に関しては情報が出てきませんでした。

ただ、「職業」なんですが、これはちょっと気になる情報が見つかりました。

鈴木秀尚(すずきひでたか)という名前をヤフーで検索すると、株式会社ハイという企業の社長さんの名前がヒットします。イベント関連の会社っぽいですね(http://hi-japan.jp/)。

彼は森田健作氏の息子さんと同姓同名ということになるので、同じ人物なのかな?と勘ぐってしまうところです。

その可能性を感じる情報はまだ見つかってませんが、出回っている鈴木秀尚氏の画像をみると、かなりガタイが良くて、顔の表情も森田健作に似ているような気もします。

 

ちなみに、株式会社ハイ代表の鈴木秀尚氏は、2016年7月に渋谷マルイの1階の入口近くに「マチョ氷」という店舗を出店しています。

「マチョ氷」は上半身裸のマッチョ数人が、筋肉を見せつけるように手動のかき氷器を回すカフェですね。

かなり話題性のあるイベントですが、これ以外にも、『マッチョバスツアー』『マッチョカフェ』のマッチョ系のイベントを開催して、月曜から夜ふかしや、とくダネ!で取り上げられていたそうです。

さすがにここまで目立つと、彼が森田健作氏の息子さんであるならどこかに情報がありそうですが、まったく見つからないので、やはり別人かもしれませんね。

まとめ

今回は千葉県知事の3期目を務めることになった森田健作氏について、気になることを調べてまとめました。

芸能人として華々しい経歴を持ち、政治家としては千葉県知事を3期連投ということで、各方面でしっかり結果を出してきている人ですね。

過去にはスキャンダルもあったりして、彼のことを良く言わない人も多いと思いますが、それを上回るくらい、県知事としての実績があるからこそ、今回の選挙でも圧勝することになったのかもしれません。

森田健作氏が今回の選挙時に挙げていた、医師不足対策や子育て支援についても、これからしっかりと取り組んでほしいところですね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です