上山福恵子氏(ももの会理事長)の経歴や顔画像と共産党との関係は?

横浜市のとある保育園で、経営に関する不祥事が発覚した問題が話題になってますね。

このニュースを見て、

また保育園か・・・

と思った人もたくさんいたと思います。

今年に入ってからだけでも経営に関する不祥事や、不適切や教育方法で問題となった保育園や幼稚園はたくさんありました。

スポンサーリンク

たとえば・・・

大阪の塚本幼稚園や、姫路のわんずまざー保育園、どろんこ保育園、やはぎみやこ幼稚園、など、

それぞれがけっこうインパクトのある内容のニュースだったので、まだまだ記憶に新しいですよね。

そんな中、今回話題になっている保育園は、横浜市の戸塚区にある「戸塚芙蓉(ふよう)保育所」です。

ただ、今回のこの保育園の不祥事に関しては、園児に対して、ではなく、保護者や横浜市に対しての不祥事、ということになるみたいですね。

戸塚芙蓉保育所はどんな不祥事を起こしたの?

これは戸塚芙蓉保育所が、園児を通わせている保護者や横浜市から、保育料をガメツイやり方で不正に集めていた、ということになります。

職員が園児に対して過剰な体罰をした(やはぎみやこ幼稚園)とか、園児に給食をほとんど与えなかった(わんずまざー保育園)とか、そういったわけではなさそうですね。

たしかに、

戸塚芙蓉保育所は、土曜日に出されるはずの給食を園児たちに出していなかった、ということもやっていますが、

この保育所は毎週土曜日には園児たちにお弁当を持参させています。

ただ、

戸塚芙蓉保育所は横浜市に対して「土曜日も給食を出している」と虚偽の報告をして、給付金を請求していたり、

また、

保護者が支払う保育料の一部である、本や雑品の購入などに充てるための費用を、かなり不当に値上げ(年間2500円を1万8千円に)をして徴収したりもしています。

この費用に関しては上限が決められていないらしく、保育所側が自由に決められるそうですが、

それにしても高すぎる!

と保護者は反発しているそうです。

そしてこれは氷山の一角の可能性もあり、戸塚芙蓉保育所と同じ系列(ももの会)の保育所すべてに調査が入るそうです。

 

当然ながら、こういった不祥事が明らかになると、一気に注目を浴びるのが代表者になります。

この場合は、戸塚芙蓉保育所などの同系列の保育所を束ねる、「ももの会」の理事長である上山福恵子氏ですね。

上山福恵子の経歴は?どんな人?


「ももの会」の理事長である上山福恵子氏の経歴ですが、これは現時点で特定するのは難しかったですね。

不祥事を起こした保育園の代表者とはいえ、親族に政治家や芸能人などの有名人がいなければ、あくまで一般人になるので。

ただ、

想像をしてみると、複数の保育園を束ねるグループである「ももの会」の理事長になるには、いくつかの方法があり、

たとえば・・・

上山福恵子氏が現在「ももの会」に属している、どれかの保育園の園長職についていて、同じ系列の保育園が増えてきたから、

それを総括する「ももの会」を立ち上げたときに、一番管理能力があった上山福恵子氏が理事長に抜擢された、とか。

スポンサーリンク

または、「ももの会」を設立するときに、経営能力や何らかの実績があった上山福恵子氏を、外部から引っ張ってきた、というケースも考えられますね。

なので、

上山福恵子氏はもともとが子供が好きで、保育士⇒園長⇒「ももの会」理事長、という経歴のパターンや、

上山福恵子氏はもともと経営者で、外部⇒「ももの会」理事長、という経歴のパターンもありますね。

 

まあいずれにしても、今回の戸塚芙蓉保育所の不祥事を見ると、上山福恵子氏は経営者としても、管理者としても、信用を完全に失うことになりそうですね。

上山福恵子と共産党との関係は?

上山福恵子氏をネットで検索すると、「共産党」という関連ワードが出てくるので、

上山福恵子氏は共産党と何らかの繋がりがあるのか?

「ももの会」や同系列の保育所が共産党とかかわっているのか?

ということを予想して調べたんですが、

今のところ上山福恵子氏と共産党の直接的な関係性は見当たりませんでした。

 

ただ、いろいろ調べていくと、

「共産党系の保育園」

というのは少なからずあるようです。

たとえば、保護者に政治的な意図をできるだけ隠して署名させたり、

その保育園のアルバムや文集の最後のページに載っている、社会福祉法人の理事の名前のリストを見ると、

見事にそっち系の組織の人ばかりだった、とか、

 

さらにわかりやすい例で言うと、

園長が区長選挙に共産党から出馬したり、

同じ保育園に子供を通わせる保護者をよく見てみると、共産党に所属している人が多かったりとか、

ですね。

もちろん、それだけで良い悪いを判断するつもりもありませんが、

保育園に入所してから事実を知って驚いた、という保護者の方も、少なからずいる、ということですね。

「ももの会」の理事長の上山福恵子氏と共産党の関係は見つかってませんが、

「ももの会」に属する幼稚園に園児を通わせている保護者の中の誰かが、そういった噂を立てたことがあるのかもしれません。

まとめ

今回は、横浜市の戸塚区にある戸塚芙蓉保育所が、

園児を通わせている保護者や横浜市から、保育料をガメツイやり方で不正に集めていた、というニュースを見て

ももの会の理事長である上山福恵子氏のことが気になったので、気になることや思うことを調べてまとめました。

どうやら園児たちには被害は及んでいないみたいなので、そこは安心しましたが、

仮にも認可された保育園が、横浜市に虚偽の報告をして給付金を多く受け取っていたり、

保護者に対してかなりガメツイやり方で保育料を徴収する、という話を聞いたら、同年代の子を持つ親なら、他人事でもいい気分はしないですよね。

調査するとまだまだ出てきそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です