アメリカ自治連邦区を分かりやすく!プエルトリコ以外にある?

プエルトリコがアメリカの連邦地裁に破産申請をしたことが話題になってますね。

プエルトリコはもう何年も前から債務危機の話は出ていましたし、

実はプエルトリコは2年ほど前からアメリカ連邦政府に破産法の適用を「要請」していたんですが、

当時の法律ではプエルトリコにはアメリカの破産法は適用されませんでした。

なぜなら、プエルトリコはアメリカの「自治体(州)」ではなく「自治領(自治連邦区)」、なので、

アメリカの連邦破産法は「自治連邦区」には適用できなかったからです。

スポンサーリンク

でも、2016年に新たに成立した「支援法」によって、連邦破産法が「自治連邦区」にも適用できるようになり、

プエルトリコとしては念願の破産手続きを行うことができました。

 

この一連のニュースを見ると、日本人でもいろいろと思うところはあるみたいですが、

まず、

プエルトリコって国じゃないの?

と思う人もたくさんいたみたいですね。

たしかに、WBCでは「アメリカ」と「プエルトリコ」は別のチームだし、普通に国だと思いますよね。

でも、プエルトリコの正式名称は

プエルトリコ自治連邦区

です。

つまり、プエルトリコはアメリカの自治連邦区であって国ではないんですね。

 

じゃあ、この自治連邦区っていったい何なんでしょうか?

自治連邦区をわかりやすく説明すると・・・

自治連邦区は英語では「Commonwealth(コモンウェルス)」と呼ばれていて、アメリカ合衆国の海外領土、という認識でいいと思います。

プエルトリコはこの自治連邦区にあたります。

これにはどんな特徴があるのかというと、

  • アメリカ合衆国主権の下での属領もしくは保護領
  • 自治政府による内政は認められる
  • 国防や外交は米国が行う
  • アメリカ合衆国憲法と連邦法の適用を受ける。

というものです。

もっと簡潔に言うと、

国家と同等の機能を有していない自治区

で、

「自治区の中の政治はまかせるけど、軍隊の所持は認めないし国防や外交はアメリカでやるよ、憲法とか法律もアメリカのを使ってね」

という話になります。

憲法とか法律はアメリカ合衆国のものを使うので、

プエルトリコに住んでいる人たちは、通貨はアメリカドルを使用して、パスポートもアメリカ合衆国の物を所持しています。

ちなみに、

オリンピックやWBCなどには、アメリカ合衆国とは別に独自の選手団を結成して派遣しているので、「プエルトリコ」というチーム名で出場することになります。

スポンサーリンク

まあ普通に考えると、プエルトリコの(国家)主権がアメリカ合衆国にあるという時点で、「プエルトリコは国ではない」のは当たり前の話ですし、

これを聞いても

「ふ~ん、そうなんだ」

程度の反応になると思いますが、

プエルトリコが国じゃないことはわかると思います。

ちなみにプエルトリコ以外のアメリカの自治連邦区で、北マリアナ諸島自治連邦区もあります。

サイパン島のスぺぺが首都になります。

 

自治連邦区と州の違いは?

そもそもアメリカ合衆国の「州」ってなんなのか、を改めて考えてみると、

「アメリカ合衆国」は英語で「United States of America」と表現されている通り、

アメリカという国は、アメリカの50の州(States)を結合して(United)一つにした存在になります。

じゃあ、この「州」っていうのは何?というと、

これは、それぞれが国家と同等の機能を有した自治体、ということになります。

さらに、国家の機能を有している、はどういうことかというと、これは(国家)主権を有している、ということです。

ウィキペディアで「アメリカ合衆国の州」を調べると、

アメリカ合衆国の州(アメリカがっしゅうこくのしゅう)は、連邦国家であるアメリカ合衆国を構成する「国」で、現在50ある。個々の州と連邦は国家主権を共有している。

引用:Wikipediaアメリカ合衆国の州

と、州は国、とハッキリと明記されていますね。

そしてアメリカ合衆国と州は、国家主権を共有していると表現されています。

これもまたあたりまえなんですが、

連邦自治区と州の違いは、国家主権を持っているかどうか(国かどうか)

です。

つまり、プエルトリコなどの連邦自治区とは違って、州は国と同じように国防や外交をおこなうことができます。

アメリカ合衆国はそんな国(州)が集まってできた連邦国家なんですね。

日本とは全然違うので、なかなかイメージしにくいですね。

まとめ

今回はプエルトリコがアメリカの連邦地裁に対して破産手続きをしたことが話題になっていたので、

プエルトリコの統治形態について気になることをまとめました。

政治にあまり興味がない人にとっても、「プエルトリコは国」というイメージがあったり、

他には、プエルトリコには美女が多い、野球が強い、など何かと話題性も高くて馴染みのある国(じゃないけど)なので、

気になる人も多かったようです。

プエルトリコが破産したとしても、そういった特徴は変わらないと思いますね。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です