刃物を持った相手の対処法は?実は勝機はほぼゼロ・・・

男は頭の中でいろんな想像をする生き物です。

そして男の想像は、女性にはまったく理解できないことがほとんどです。

例えば・・・

  • 通り魔などに出会ってから撃退するまでの過程を想像して、どうやったら勝てるのかを考えたり
  • 女性を襲おうとしている複数の男たちに対して、素手で撃退する方法を考えたり
  • 電車やバス、飛行機などの公共機関内で、無差別に刃物を振り回している人間を、難なく取り押さえる方法を考えたり

・・・男という生き物は時にそんなことを考えたり調べたりして、

「この方法だったらイケるな」

という結論を出します。

スポンサーリンク

でも、

あたりまえのことですが、現実は想像の通りには行きません。

実際に現実の世界で、例えばヤル気マンマンの刃物を持った相手を目の前にしたら、ほとんどの人間は恐怖で頭の中が真っ白になります。

格闘技系のサイトや動画で、刃物を持った相手の対処法を解説しているものもありますが、実際に刃物を持った相手を取り押さえた経験がある人が解説しているものは、ほぼ100%ないと言っていいでしょう。

格闘技はあくまでもルールありきのスポーツなので、

  • ヤル気マンマンの刃物を持った相手
  • リミッターが外れている刃物を持った相手
  • 自暴自棄になっている刃物を持った相手
  • 意識がアチラ側に行っている刃物を持った相手

と試合をすることはありません。

なので対処法も結局は想像の世界になってしまいます。

ちなみに当サイトの管理人はキックボクシングを10年ほど経験していまして、刃物を持った相手とはそりゃあもう何十回と闘ってきました(想像の世界で)。そして勝ってきました(想像の世界で)。

でも、いざ刃物を持った相手を目の前にすると勝てるのかというと、

正直、その時になってみないとわかりません。

恐怖心で何もできないかもしれないですし、

技を出そうとしても恐怖心で技が甘くなって反撃を食らうかもしれませんし、

切創を負ったときの、想像以上の痛みと出血で行動不能になるかもしれませんし、

本当にわからないんですよね・・・

 

刃物を持った相手を目の前にしたときに使う技としては、

比較的射程が伸びる、前足の前蹴りやバックスピンキックなどで怯ませてからのハイキック

・・・が無難とは思うんですが、軸足の場所をいつもの位置で取れるかどうかが決め手になります。

そしてフルスイングができるかどうかも重要ですね。

ただ、間違っても、

刃物を取り上げようとか、向かってくる刃物に対応して動こうなどと考えちゃダメです。無傷で勝とうと思ってもダメです。

足とか腕に刃物がブッ刺さろうと、軸足を思いっきり回してフルスイングするくらいじゃないと勝てません。

もちろん、

それが冷静にできるかどうかが問題ですし、ミスったときはかなりヤバいことになります。

なにしろ相手はスポーツマンではなくて、意識がアチラ側に行っている、何をしてくるかわからない人間ですから。

コチラ側もリミッターを外すとかしないと対等ではないです。相手に悪いとか、相手が重傷を負ってしまうからヤバい、とか・・・少しでも考えたら、これまた負けます。

でも普通の人間が日常生活の中でリミッターを外すなんて、よっぽどのことがないと不可能です。

だから結局は意識がアチラ側に行っている刃物を持った相手を目の前にすると、ほぼ勝機はないと考えた方がいいですね。

スポンサーリンク

とはいえ、それでも、

宝くじに当たる確率よりも低いかもしれませんが、実際に刃物を持った相手を目の前にして対応を迫られることもあるかもしれません。

なので、

想像の世界の中でも、極限まで現実的に、刃物を持った相手の対処法を考えるとですね、

まずは

瞬時に背中を向けて猛ダッシュして逃げる

これが最適解かと思います。ダッシュしながら大声で叫びまくれば最高ですね。

ただ、そうすると自分以外の他の人が危険な目に合う可能性もあるので、

逃げ足に自信がある人は、刃物を持った相手と一定の距離を保って警察に通報しながら、つねに対象の位置を把握できる状態をキープできれば最高だと思います。

また、

自分だけでなく、付近に子供や女性などがいて、どうしても逃げるわけにはいかないという勇敢な人もいると思います。

どうしても自分が、刃物を持った相手をなんとかしないといけない状況に陥ったとき、何をすればいいのか、

それは、

  • 周りにあるものをとにかく投げまくる⇒怯んだスキにタックルして倒す
  • 大きなカバンや盾になるものを相手に投げたり押し付ける⇒倒す

が最適解と思います。

とにかく刃物を取り上げることを考えずに、倒すことを目的にした方がいいと思います。もちろん、加減は一切無用ですし、無傷で勝とうなんて考えないことです。致命傷を負わなければラッキーだ、くらいの考えでいきましょう。

倒した後ですが、倒した後も、一人で刃物を取り上げるとかは考えない方がいいです。あくまでも周りの人が逃げるための時間稼ぎと思ってください。

もちろん、周りの人の協力が期待できそうなら、複数で取り押さえてから刃物を取り上げましょう。

・・・

以上が、

当サイトの管理人の想像の世界の中で、もっとも現実的な刃物を持った相手対処法です。

まあ・・・

現実では役に立たないかもしれませんが、

  • とにかく逃げる
  • とにかくモノを使って倒す(無傷で勝つのは不可能)

この2つだけ、頭の片隅にでも置いておくことが、今すぐにでもできる対処法だと思います。

スポンサーリンク

READ  渋谷恭正容疑者(PTA会長)の経歴と前科や余罪は出てくる?どう防げばいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)