デービッドロックフェラーと地震の関係は?孫がザッカーバーグ?

アメリカのロックフェラー一族の一人である、デービッドロックフェラー氏が3月20日に亡くなられましたね。

お悔やみ申し上げます。

死因は心不全とのことでしたが、享年が101歳ということ、アメリカ人の平均年齢が79.3歳(2016年)ということを考えると、大往生と言ってもいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

「ロックフェラー」という名前はほとんどの日本人が知っているはずですが、彼のことを知る日本人はそれほど多くはないと思います。

そこでデービッドロックフェラー氏のことを調べてみると、「地震」「孫」という関連ワードが出てきました。

まずは彼と「地震」との関係を調べてみました。

デービッドロックフェラーと地震の関係は?

デービッドロックフェラー氏の名前を検索窓に打ち込むと、「地震」という関連ワードが真っ先に出てきます。

そこで、彼と「地震」にどんな関係にあるのか、を調べてたんですが・・・

出てきた情報はどれも都市伝説に近いものでした。

完全に嘘とは言い切れないですが、真実かどうかを確認するすべがない、という類の話ですね。

簡単にまとめると、

過去に日本で起きたある大震災は、実は人工的に引き起こされた地震だった、という話で、その実行にあたっての指揮をとった人物が、デービッドロックフェラー氏だった

・・・という情報は見つかりました。不謹慎な話かもしれませんが。

たしかに理屈でいうと、震源地の地盤になんらかの強烈な刺激を与えれば、結果的にそうなる可能性はあるそうですし、地震のきっかけは人為的に引き起こせるみたいです。

不思議なことに、そういったことに言及しているブログや書籍を読んでみると、

「ありえるかも・・・」

と思ってしまう時もありますが(笑)

ただこればっかりは真実かどうかはわかりませんね(個人的な見解はありますがこの場では控えます)。

いずれにしても震災では多くの方が被災していますし、デービッドロックフェラー氏が故人であるので、詳細は控えます。

それよりも気になったのは、

デービッドロックフェラー氏の「孫」の話ですね。

彼の孫が、実はあのフェイスブックのCEOであるザッカーバーグ氏だ、という噂があります。

スポンサーリンク

デービッドロックフェラーの孫がザッカーバーグ?

名前が違うのに「孫」ってどういうこと?

と思います。

これも噂ではあるんですが、

マーク・ザッカーバーグの本名はジェイコブ・グリーンバーグであり、デービッド・ロックフェラーの孫そしてハンク・グリーンバーグの孫でもある

とのことです。

そもそもなんで名前が変わっているのかというと、

過去にザッカーバーグ氏は薬物で逮捕されたことがあり、彼が社会に復帰する際に、表向きロックフェラーの名前を隠すために名前を変えた、という話です。

たしかに、2004年にハーバード大学に在籍する大学生が世界レベルのSNS(Facebook)を立ち上げた、という話題に、

「それほんとなの?」

という声は当時から上がってました。

Facebookは実名登録が基本なので、これを全世界の隅々にまで広げていくと、管理がしやすくなる、という一面もあると思います。

たとえばこの世界を牛耳っている一族がいるとすると、その一族以外の人間を管理するという目的と、こういったSNSのシステムは相性が良さそうです。

なので、

たとえばロックフェラーなどの一族が巨大なSNSを創り、その代表として一族の名前を出さなくても大丈夫な人を選んだ、それが結果的にザッカーバーグ氏だった、という可能性はありそうですね。

まとめ

今回はデービッドロックフェラー氏の訃報を受けて、彼がどんな人だったのかを調べるつもりだったんですが、

真実かどうかがわからないレベルの話題が真っ先にヒットしたので、内容もフワッとしたものになってしまいました(笑)

たしかに言えることは、デービッドロックフェラー氏は

世界最大の石油トラストとして君臨した、石油会社スタンダード・オイルの創業者であるジョン・ロックフェラーの息子である、ジョン・ロックフェラー2世の末っ子です。

彼は天皇陛下を自宅に招いた世界で唯一の民間人であり、日本との関わりもいろんな意味で深かったそうです。

彼は最後に何を思っていったんでしょうか。

あらためてお悔やみを申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする