悟空が亀に魔封波を連発して動物虐待!?いきさつ&あらすじ公開

ドラゴンボール超の第62話を観てたら久しぶりに『魔封波』という言葉が出てきて・・・

・・・えっここで魔封波!?

ってビックリしましたね。

しかも悟空が魔封波を練習してるじゃないですか!

悟空が亀仙人の修行を受けるなんて何十年ぶりですか?

30年?

かなり懐かしかったですね。

・・・と思う傍らで、

悟空が魔封波の練習台として、亀ハウスに住んでるあのウミガメを選んだんですが、

それはもう、容赦のない練習台っぷりで・・・ちょっと引きました。

それでこのシーンがけっこう極悪すぎてネットでは話題になってます。

まずはそのシーンを振り返りましょう。

悟空が亀に魔封波をかけまくる

強敵のザマス&悟空ブラックを封印するための魔封波を教えてもらいに、悟空は亀仙人が住む亀ハウスにいきました。

魔封波を教えてくれ、と言われた亀仙人はちょっとびっくりしてましたが、教えることに。

久しぶりの亀仙人のじっちゃんによる修行ですね。

じっちゃんは魔封波の修行を快く引き受け、すぐさま亀を呼び出します。

じっちゃん:か・め(呼び出す)

亀:ええ?

その次のコマから悟空は亀に魔封波を容赦なく連発です(笑)

亀はどうなるか?

あのピッコロ大魔王を封印するほどの技です。その威力は凄いです。

亀はもちろん、空間が渦巻いている空中を、引き伸ばされながらグルグルと舞います。

悟空といえども最初から成功するわけはありません。

亀は海に投げ飛ばされたり

じっちゃん:集中が足りんぞ。もう一回。

悟空:おう

亀:ええっ?

と何度も繰り返し亀に魔封波を連発する悟空。

これは完全に動物虐待でしたね(笑)

しかも・・・

悟空はこれを純粋で満面の笑みを浮かべながらやってましたから。

悟空:えへへへ・・・よろしくな。

亀:・・・(涙)

ほとんどサイコでしたね(笑)

これが夜から朝まで続いてようやく悟空は魔封波を体得しました。

もちろん悟空は最後も満面の笑みでした。

いつもは爽快な悟空の純粋さも、今日ばっかりは戦慄してしまいましたよ。

亀おつかれさまでした。

ところで、

なんでまた、ドラゴンボール超の62話目にして魔封波が出てきたんでしょうか?

最近ドラゴンボールを見てなかったけど、魔封波が出てきたみたいだから久しぶりにちょっと観てみたいな、気になるな、と思う人もいるかもしれません。

そこで次は、ドラゴンボール超の第62話で、どういういきさつで魔封波が出てきたのかをまとめたいと思います。

実はそのやり取りがギャグ要素満載で笑えるんです(笑)

ベジータやピッコロのキャラがちょっと微笑ましいんですよね。

不安そうなベジータと、放置プレイされてフォローされるピッコロがイイ感じでした。

魔封波が出てくるいきさつ&あらすじ

まずは現在のドラゴンボール超の世界についてカンタンまとめます。

現在は、悟空とベジータはある強敵に勝つために一緒に戦ってます。

その強敵とはザマス&悟空ブラックです。めっちゃ強いです。勝てません。

悟空とベジータそいつらと、時空を超えて戦ってます。

今、ザマス&悟空ブラックは未来の世界を破壊していて、トランクスが応戦しています。

悟空とベジータはザマスたちに2回ボコボコにされて負けて、フルボッコにされて命からがら現代に逃れてきました。

そんな二人にピッコロは・・・

ピッコロ:おまえら二人が2回も負けて帰ってくるほど強い相手には見えなかったが・・・

と2人の心のキズをえぐる一言を言うんですが、

ベジータは怒ったりしません。

ベジータ:まともに戦って勝てる相手ではない

と完全に弱気モード。あのプライドの高いベジータが・・・。

そこでピッコロが2人に提案しました。

ピッコロ:一つ提案がある・・・魔封波だ

ここでまさかの魔封波!

ベジータ:魔封波?(・・・なにそれ?)

ベジータはもちろん魔封波知らないですもんね。

ピッコロ:無天老師たちが世界征服を試みた大魔王を封印しようと使った技だ。

いやそれあんただから(笑)

それに対して悟空は

悟空:なるほど~その手があったかぁ

悟空:倒すんじゃなくて封印しちまうんだなぁ

意外とすんなり納得します。視聴者はびっくりしてコーヒーとか吹いてますよねこれ。

ベジータ:本当に大丈夫なんだな!?

・・・とめっちゃ不安そうなベジータ王子(笑)

ピッコロ:ああ。封印さえ解けなければ二度と出てくることはない

悟空:魔風波かぁ・・・で、どうやんだっけ?

ここでピッコロドヤ顔!!!

ピッコロ:俺が見本を見せてやる(ニヤリ)

ここで悟空は立ち上がったピッコロを完全にスルーして・・・

悟空:亀仙人のじっちゃんに聞いてくら(瞬間移動)

ピッコロ:!!!

ピッコロ:(えっ無視?まじで?どうすんのこれ・・・?)

立ち尽くすピッコロにブルマが・・・

ブルマ:やってもいいわよ。見といてあげるから・・・

優しいブルマにフォローされるピッコロでした。

文章で伝えるの難しすぎです(笑)

でもみんなで作戦会議しているときに魔封波が出てくるまでの会話がちょっと面白かったんですよね。

まとめ

今回は魔封波があまりにも懐かしく思ったことと、亀に魔封波をかけまくる悟空があまりにもサイコだったので、まとめてみました。

さすがドラゴンボールです。何十年もの時空を超えての魔封波ネタをありがとうございます。

読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク