2016年ガキ使科学博士24時でタイキックを田中が3発受ける

2016年12月31日に放送された『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』で、ココリコ田中さんがタイキックを3発もうけて話題になってました。

ガキ使のタイキックと言えば、ケツバットよるもはるかに攻撃力の高いガキ使トップクラスの罰ゲームです。

スポンサーリンク

今回はそのガキ使おなじみのタイキックが、笑点メンバー全員から贈られるという超豪華なおぜん立てでした。タイキックシーンのためだけに、笑点メンバー全員を出すなんて・・・さすがのガキ使でしたね。

そのタイキックなんですが、

まず・・・

タイキックをケツに受けたメンバーはいつもは一撃でのたうち回ってますよね(笑)

ケツバットは『うわぁいた!!』って、自分のけつをおさえて顔をしかめる程度の痛みですけど、

けつにタイキックを受けたら倒れてのたうちまわります(笑)

立てないくらいの痛みが全身に走るみたいですね。

今回の『ガキ使科学博士』でも田中は一発目から倒れてました。

ここでいつもならそれでひと笑いが起きて、次に進むんですけど、

今回はそこからさらに2発、田中さんがタイキックを受けることになりました。

なんでかといいますと・・・

イッパツ目のタイキックを受けて、田中さんは痛みで前かがみで倒れこんでいったんですが、その倒れこんでいった先に棚があってですね、

その棚に田中さんの顔が当たりそうになったので、

田中さんが、

田中さん:『あぶなっ』

って冷静に言ったんですね。ハッキリ言ってました。

そのシーンを観て、ほかのメンバーが『ほんまは痛なかったんちゃうん!?』と、疑惑をかけまいした。

  • 『ほんまに痛かったら、あぶなっ、とか言う?』
  • 『おまえタイキック受けてめっちゃ痛いのに、すぐにおいしいもの口に入れて、うまっ、とか言うんか!?』

とか痛いところを突っ込まれまくって(田中さんは、言う、と言い張ってました)

そのタイキックが本当に痛かったのかどうかを検証するために・・・

・・・2発目が来ました(笑)

2発目では田中さんは、タイキックを受けてすぐに棒チーズを食べて、『うまっ』と言わないといけなくなったんですね。

そこで『うまい』と言えたら、イッパツ目のタイキックはいたかったんだ、ということになりますからね。

そして2発目を受けたんですが・・・

2発目のタイキックはイッパツ目よりも相当痛かったらしく、かなり効いてました。チーズを食べることもできなかったんですね(笑)

『なんで食べへんの!?』と突っ込まれながらも、田中さんはのたうち回っていました。

これでは、一発目のタイキックはホントに痛かったのか、を検証することはできません。チーズ食べてなんですから。

スポンサーリンク

なので・・・3発目タイキックで最後の検証を行ったんですね(笑)

ちなみに、3発目は田中さんがチーズを口にくわえた状態でのケツタイキックでした。

そして3発目で、

田中が受けたイッパツ目のタイキックは本当に痛かったのか?

・・・の検証の結果が出ました。

田中は3発目のタイキックを受けた瞬間に、口にくわえていた棒チーズを吐き出してのたうち回りました。

そして方正さんが落ちた棒チーズを拾って、痛みでのたうち回る田中さんの口にむりやり突っ込んだんですが、

田中さんは言葉にならない声を挙げていただけなので、

本当に痛いタイキックを受けてすぐに美味しいものを食べて、『うまっ』と言えなかった

というがわかったところでこの検証が終了しました。

イッパツ目の田中さんが受けたタイキックは確かに2発目と3発目にくらべたらそんなに強くなかったと思います。

いつもの田中さんなら演技で痛みを表現して、『痛くなかったラッキー』とか思いながらその場をしのいでいたのかもしれなかったんですが、

ついつい『あぶなっ』と言ってしまったので、それがバレてしまってけっかてきに3発受けることになりました。

なかなか伝わりにくいかもしれませんが、あまりにも田中さんが痛そうだったしおもしろかったので何とか文章でまとめてみました。

動画で見たらかなり笑えるシーンだったんですが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする