原田治さんが死去?死因や病気などのソースがないけどデマ?

イラストレーターの原田治さんが亡くなられた、という噂がトレンドで上がってたのでショックを受けて調べてみたんですが、まったくソースが見つからないです・・・

デマなのかな?

と思ってググってみたら、

「原田治」の関連ワードに「死去」というワードが出ていたので、

まじか!?

と思ったんですがわかりませんでした。

こんな中途半端な状態はイヤですよね。

はやく公式発表で、真実かデマか、はっきりさせてほしいです。

スポンサーリンク

原田治さんの最近の活動は?

原田治さんの最近はどんな感じだったんでしょうか?

ご病気されていた、という情報も見つかりませんでした。

ブログの更新は去年の2016年の11月で止まってますね⇒コチラ

お仕事としての活動は、2016年の9月26日まで、東京都文京区にある弥生美術館のオサムグッズ展がありました。

その後の活動はたしかに見当たらないし、ブログの更新もほぼ毎月されていたのに2016年の12月、2017年の1月は更新されてないし、

ちょっと嫌な感じもします。

スポンサーリンク

原田治さんといえばミスドのキャラクターの生みの親です。世代によってはぜんぜん知らない人もいると思いますが、あのキャラクターは世代を超えてなじみがありますよね。

昭和の時代って今ほど外食の選択肢がなくて、ファストフードといえば、

マクド(マック)かミスド、

ケンタかミスド、

でした。

そんな世代の方たちにとってミスドのあのイラストには親密な感情を抱かれていると思います。

ミスドのアメリカンなイメージをあんなにかわいく創りだして、長年にわたって愛されるなんて、今考えると凄いことですね。

原田治さんは多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後してアメリカに渡ってイラストのことを学んだそうです。

そのときにイラストレーターとしての最先端の技術を身に着けて、1970年に創刊されたあの「anan」にイラストを掲載したことが全ての始まりだったそうです。

そしてその5年後に、「オサムグッズ」が生まれるんですね。

昭和の中高生の女の子に大人気だったそうですよ。

「オサムグッズ」は今でも人気で、2月4日からヴィレバンでも限定で復刻版が発売されて即完売になる店舗も出るくらいです。

とりあえず公式発表待ち・・・

ツイッターで原田治さんの訃報が噂で流れて衝撃を受けましたが、ソースは一切見つかってないので、とりあえず公式の発表か、原田治さんのブログの更新とかを待つしかありません。

いろいろと子供のころの懐かしい思い出に浸りながら、公式発表をまちましょう。

追記


ちょっと気になるツイートがありました。

原田治さんと同業者のイラストレーター吉岡ゆうこさんが、ツイッターで原田治さんの訃報をツイートしています。

これをみると原田治さんの訃報は真実のようですね。とても残念です。

でも、亡くなられても原田治さんの作品はずーーーーーーー・・・・っと残っていきます。

感謝の気持ちとともに、安らかな眠りをお祈り申し上げます。

追追記:公表されました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする