福岡の3億円事件の被害者も韓国人でグルとか金の密輸とかの噂はホント?

4月20日の真っ昼間に、福岡で3億円事件が起きてしまいました(正確には3億8500万円)。

犯行グループらしき韓国人を2人、福岡空港で逮捕したらしいんですが、一連の事件の報道を聞けば聞くほど

ツッコミどころが満載の事件なんですよね。

満載というか、事件の情報パーツのすべてがうさんくさくて、東京都の足立区の会社員とされる被害者ですら、

「この人もちょっと怪しいんじゃないの?」

と、ネットでも話題になっています。

まずはこの事件の情報パーツ(ツッコミどころ)をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

福岡の天神で起きた3億8500万円事件のツッコミどころ

今回福岡の天神で起きた3億8500万円の強奪事件ですが、事件の経緯をポイントでまとめると、

  • 東京都足立区在住
  • 20代の会社員の男が
  • 福岡
  • みずほ銀行福岡支店から
  • 3億8500万円(重さ38kg)単独で引き出して
  • 駐車場に止めてある車まで1人で持ち歩いたら
  • 駐車場で3人の韓国人に襲われてお金を奪われた
  • 犯人の韓国人たちはその現金を持って福岡空港へ
  • 2人の韓国人たちはその場で当然捕まる
  • もう一人の韓国人は行方不明
  • 被害者男性は東京にある貴金属の売買を仲介する会社の社員で
  • 奪われた現金は金塊を買い付けるための資金だった

これが今回の事件の一連の流れですが・・・

すべてのポイントがツッコミどころなんですよね。

なんで足立区からわざわざ福岡まで足を運んで、しかも単独で大金をおろして金塊の買い付けをしようとしたのか、

しかもまたみずほ銀行って・・・もう満場一致で納得の銀行名がここで出てきてですね、

犯行グループの韓国人たちは当然3億8500万円が、その場所でその時間に引き出されることが事前に分かっていてですね、

しかもその大金を持ったまま、なんと福岡空港から空路で海外に持ち出そうとするなんて、

不可能に決まってるのに・・・強盗じゃなくても、大金を海外に持ち出すには申告しないといけないのに。

計画性まったく無し。

こんなニュースなかなかないですよ。

ツッコミどころが多すぎて、この事件の登場人物全員が裏でつながっているとしか思えないですよね。ここまでくると「裏」じゃなくてもはや「表」に近いかもしれませんが。

ただ、この事件の真相については、これから警察が捜査していくことになるのでまだまだわかりませんが(どこまでやる気なのかはわかりませんが)、

この事件ので気になることはいろいろあるんですが、ネットで一番話題になっているのは、

この被害者の男性は誰なのか?

ですね。

今は予想することしかできないんですが、考えらることをまとめます。

被害者の男性は誰?韓国人でグルという噂もあるけど

ネットではこの福岡の3億円事件(正確には3億8500万円)の被害にあった、東京都足立区の貴金属の売買を仲介する会社の

会社員が誰なのか?犯行グループとグルなのか?

、については様々な憶測が飛び交っています。

ここでは、対照的な2つのパターンに分けて、この男性が誰なのかを予想してみます。

①まじでかわいそうな日本人サラリーマン説

これはネットではかなり少数派ですけど、何も知らない日本人サラリーマンが、会社から

「4月18日に福岡に出張して、20日のこの時間にみずほ銀行支店から3億8500万円を引き出して、ここで金塊買ってきてよ。気を付けてね。」

と言われて、

「まじかよ。なにこの会社」

と思いながら、渋々仕事をやっていた、という説ですね。

まあ可能性はゼロではないですが、この説を支持するのは少数派でしょう。

②この男性もグル。韓国人かも。

この説は①とは対極にありますが、ネットでは多数派なようですね。

当然、この人が務める「貴金属の売買を仲介する会社」もまた、疑惑の対象になります。

この男性もグルで実は韓国人で、この事件は自作自演で保険金目当ての犯行だとか、

この男性はグルではないが犯行グループとは深い関わりがあり、実はこの事件は内部抗争で、この男性が「金の密輸」に使うための資金を運んでいる途中に、犯行グループに裏切られた

などの憶測がネットでは飛び交っています。

いやいや、それは考えすぎでしょ!?

と思う人もいるかもしれませんが、福岡では去年に似たような事件があったんですよね。

スポンサーリンク

2016年に福岡で起きた6億円金塊事件との類似性

去年の2016年7月に起きた、6億円相当の金塊が強奪された事件がまだ記憶に新しいですよね。

あの事件もちょっと「被害者に訳あり」でした。

被害にあった男性は、福岡市博多区のJR博多駅近くで、貴金属買い取り店にに向かって、単独で6億円相当の金塊を運んでいました。

警備員などを付けずにですね。今回のケースに似ていますよね。

それで、警察を名乗る犯行グループにだまされて金塊を強奪された、という話ですが、監視カメラの映像をみると、犯行グループは警官の帽子すらかぶっていなかったそうです。

なんで警察って信用したの?

というツッコミどころでもありましたね。どう考えてもグルだろ、と。

当時の福岡県警は、

その金塊が密輸品の可能性がある

と公表していました。

福岡では去年の2016年にもこの事件があったことから、今回の事件との類似性を探ってしまうのも無理はないと思いますね。

今回の3億円事件は2016年の事件とは逆で、

「金塊」の購入資金である3億8500万円が奪われた、ということなので、金塊の密輸ビジネスのための資金を、ほかの同業者に取られてしまった、という可能性も考えられます。

そして気になるのが、この「金塊の密輸」ですね。

これは福岡で起きた2つの事件に共通する疑惑です。

金塊の密輸ビジネスって何?

今回福岡の天神で起きた3億円事件(正確には3億8500万円)と、去年に起きた6億円金塊強奪事件の共通点は、言うまでもなく「金塊」です。

そこでいろいろ調べていると、「金塊密輸ビジネス」のことが気になります。

金塊密輸ビジネスは、日本の消費税で儲けよう、というビジネスモデルだそうです(もちろん密輸なので違法です)。

簡単に言うと、

アジアで金塊を購入して、非正規の取引で日本に持ち込めば、消費税8%分の利益が出る、

という流れですね。

なんてシンプルなビジネス笑

出典:http://www.asahi.com/articles/ASJCX4WG8JCXTIPE01C.html

そんなことを可能にする日本であってほしくないですけどね。いろいろと複雑な事情があって取り締まりも難しいんでしょうけど。

今回の天神の3億円事件も(正確には3億8500万円)、警備会社などを使わずに、単独で金塊の購入資金を持ち歩いていた、ということは、

非正規の取引をするつもりだった、という可能性も探ってしまいますよね。

実際のところはどうなんでしょうか。

というか、実際のところは明らかになるんでしょうか?

6億円の方も未解決ですし、

今回の事件も、犯行グループの一人は行方不明みたいだし。

まとめ

今回は、4月20日の真っ昼間に、福岡の天神で起きた、ツッコミどころ満載の3億円事件(正確には3億8500万円)について、気になることや思うことをまとめました。

この事件の真相は明らかになるんでしょうか?

警察には真相の追求を期待したいですし、

マスコミには真実の追求を期待したいところですね(とくにTB〇)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『福岡の3億円事件の被害者も韓国人でグルとか金の密輸とかの噂はホント?』へのコメント

  1. 名前:Ayaka 投稿日:2017/04/22(土) 04:18:47 ID:0de6d67b2 返信

    アメリカから初めてこのサイトを訪れました.

    分かりやすい言葉で書かれていて今の日本で起きていることを理解できます.

    福岡県警は焦って誤認逮捕したみたいに思いますがわたしの間違いみたいです.