IQ246見るべき?織田裕二演じる天才貴族が杉下右京に!?

10月16日(日)午後9時から始まるTBS日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』。
織田裕二主演のテレビドラマは久しぶりとのこともあって「これは当たりドラマでは!?」と楽しみにしている方も多い様子。
久しぶりということだけでも見るべきと言えそうだが・・・。
スポンサーリンク
今回このドラマで織田裕二が演じるのは法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)という名前の天才貴族。
この法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)が完全犯罪を華麗に解き明かす・・・といわれると、ありがちな刑事ドラマでは!?と思ってしまう。
また織田裕二というと『踊る大捜査線』の青島俊作のイメージがどうしても頭から離れない。
視聴欲が湧き立つ要素が少ないのでは!?と思われて当然ではないだろうか。
しかしテレビ業界の方々はおバカではありません。
巧妙に仕掛けられた罠のようなテレビドラマ独特の狙いがあり、自信たっぷりのドラマ作りをしているようだ。
まず
織田裕二演じる天才貴族 法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)、このキャラクターがかなりの濃いものになっているようだ。
スタートを間近にして『相棒』のパクリ疑惑が浮上、織田裕二の演技が水谷豊演じる杉下右京に似ているとの声が上がっていることからしても、この法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)にかなりのキャラクター性を持たせていることが想像できる。
事実であれば織田裕二の青島俊作イメージを塗り替えることは間違いないだろう。
また水谷豊演じる杉下右京、田村正和演じる古畑任三郎のような、モンスター級キャラクターを生み出すことになる可能性があるのであれば、このドラマを見逃すわけにはいかないだろう。
初回の放送の見どころの一つは間違いなく、法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)のキャラクターだろう。
次に
織田裕二演じる天才貴族 法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)
土屋太鳳演じる刑事 和藤奏子(わとうそうこ)
この二人の名前からピンっときた人もいるだろう。
スポンサーリンク
そうです。
なんとなく・・・シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトスンに似ている。
余談だが、私は気付かなかったので気づいた人はすごいと思う。
実はこれはあえて似せているとのこと。
番宣などで出演者がわざわざ言っているので、伏線の可能性が大いにある。
どんな伏線かは色々想像ができるが、これも一つの見どころだろう。
あとの見どころは
当然のことながら豪華俳優陣でしょうか。
法門寺家の執事役にディーン・フジオカ
その他、宮尾俊太郎、真飛 聖、新川優愛、矢野聖人、篠井英介、寺島 進、中谷美紀
と楽しみな顔ぶれ。
さらに最近流行の1話ごとにゲスト出演があるようなので、プラスで見どころとなることでしょう。
というわけで、
見どころはしっかりとあり、見るべき!と断言できる。
では
制作サイドも含め、全てにIQの高さを感じれるすばらしい作品であることを期待し、放送日を待ちましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする