ユーリ最終回12話でJJがメダル獲得!最後までJJスタイル!

注意ネタバレです

ユーリ!!! on iceの最終話がついに終わってしまいました涙。

最後まで感動させてくれてありがとう・・・

そしてJJ・・・・ありがとう。

11話でめちゃくちゃ泣かしてくれたJJが、前回の最下位からのメダル獲得!さすがに凄すぎます!あそこまで盛り返すなんて・・・・もうずっと頭の中で『THEME OF KING JJ』が流れてます。

スポンサーリンク

ユーリ!!! on ice最終回12話のJJまとめ

JJはバルセロナグランプリショートプログラムで、歴代最高得点を出したユリオを抜いて1位になるもんだと思ってたんですけど・・・

まさかの大乱調で最下位の6位になっちゃったんですよね。でも最後まであきらめないで、どんな状況に追い込まれてもJJスタイルを決して崩さなかったJJに、観客と視聴者全員が涙しました。

もうこれはJJ、フリーでどんな演技をしても1位は絶対ムリだしメダル獲得も無理だと思いますよねフツー?

ずっとノーミスで勝ち続けてきたキング、JJが大乱調になったら、さすがにそこからいつものJJに戻ることは不可能だったはずですよ。

でも・・・・

12話のJJは・・・

とっても人間味のあるキングでした。

JJはフリーでも、ショートの失敗を思いっきり引きずってました。

いろんな雑念を抱えながら演技に入ったんですが、曲が始まっても気づかないくらい、演技に集中できていなかったです。

表情も焦りまくりです。

スケートを初めて16年、スケートのリンクに、初めて裸で放り出された気分だ。

そんな気持ちのまま、今まであったことを思い出しながら演技をします。

ショートを演技したあと、JJは母に自分の気持ちをおもいっきりぶつけてたんですね。

JJ:ほっといてくれ!!

JJ:ママごめん、どうしたらいいか、わからないんだ・・・

・・・はい泣きました。

あのJJが涙を流して・・・あんなに感情をむき出しにするなんて・・・

JJ:あんなに怒ったのは初めてだった。まさに翼の折れたJJ。

JJはフリーでもやっぱりショートの演技を引きずってて、頭が混乱した状態で演技してました。

JJ:今の点差なら、ほかの選手がミスをすれば表彰台に上がれるかもしれない。

そうなんですよね。ここからJJが大技にチャレンジしていくのは相当なリスクがあります。失敗するのは目に見えているからです。失敗のイメージが脳裏に焼き付いているからです。それもJJのスケート人生で初めての経験なんですよ。

ふつうは勝負しませんって!

でも・・・JJはやっぱりJJでした。

JJ:だがしかし!あわよくば勝つなんて・・・JJらしくなーーーーい!(⇒トリプルアクセル成功)

そして最後に、大技に挑戦します!

JJ:JJがJJらしくあるために、みててくれ!

4回転トゥループ!!!

もちろんこれも失敗でしたが、彼女のイザベラを始めとした観客のファンは全員泣いてました。

解説:ステップアウトしましたが見事なジャンプでした。

JJはやっぱり最後までJJスタイルで、

人間味あふれるキングでした。

ってかショート最下位で精神的にボロボロの状態でも終わってみたら3位とか・・・普通にバケモノじゃないですか。

そんなところもJJってますね。

まとめ

とにかくJJは最後までJJスタイルを貫き通して、決してブレることがなかったから凄かったんです。だから今回はユーリロスになり始める前に、JJの余韻を少しでも長く味わおうと思って、最終回12話のJJについて語りました。

JJはやっぱりキングでした。

最終回のユリオはコチラにまとめました⇒最終滑走でユリオが金メダルで泣いた!オタベックのダバーイも最高!

あ~寂しくなってきた。

でもきっと2期とか劇場版とか、スピンオフ作品とか、来ますよ。

きっと・・・来ますよ・・・(自信なし)

2期の可能性についてはこちらにまとめました⇒ユーリロスだけど二期フォロフの放送日はいつ?2期はいらない?

元気なJJスタイルがまた見られることを祈ってます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする