アンジャッシュ渡部のグルメ師匠のマッキー牧元のwikiや仕事

今回はアンジャッシュ渡部さんのグルメ師匠であるマッキー牧元さんのことを調べてみました。

マッキー牧元さんは、

歩くグルメマップ

と言われています。

彼は国内外問わず、うまいものを食べまくってます。

そしてそれを仕事にしている、といううらやましい人生を送っている人です。

スポンサーリンク

そんな彼のフェイスブックがヤバいんです!

https://www.facebook.com/hmakimoto

うんまそ~な料理たちの写真をアップしてて、見てるだけで腹が減ってくるんですよね。

こんな生活をしてみたい・・・そんなことを仕事で実現してしまってる人でした。

そんなマッキー牧元さんはどんな人なんでしょうか?

マッキー牧元はどんな人?

ここはがっつりwikiりたいところなんですが、マッキー牧元さんに関する情報がまだ少なくてわからないことの方が多いですね。

マッキー牧元さんはグルメ芸人アンジャッシュ渡部が師匠と仰ぐ人ですね。

その話題がテレビで取り上げられて、マッキー牧元さんの知名度が上がってきてます。

フェイスブックを見ても

どんだけグルメなんだこの人は

と思ってしまいます。

そんなマッキー牧元さんは1955年生まれで出身は東京です。

1978年に立教大学を卒業してすぐに音楽業界に入ってますね。

入社したのは現在のビクターエンタテインメントで、そこで数多くのアーティストの宣伝・制作に関わったそうです。

本格的にグルメ関連のお仕事をしだしたのは1994年あたりからみたいですね。

現在の一番メインの肩書としては、株式会社味の手帖の取締役編集顧問で、タベアルキストと称されています。

また、フリーで立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、日々飲み食べ歩き、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演などもやってます。

スポンサーリンク

また、いろんな雑誌にグルメをテーマとした連載記事も投稿してて、

  • 「味の手帖」
  • 「ビッグコミックオリジナル」
  • 「東京カレンダー」
  • 「食楽」

などの7誌で連載されてます。

実はこれって凄いことなんですよ。

どう凄いかっていうと、

普通のライターさんは原則的に1誌でしか書けない、という業界のルールがあるんですが、マッキー牧元さんはあまりにも凄い人なので、7誌もの雑誌で記事を書いているんですね。

ちょっと通常のグルメライターとはスケールが違うようですよ。

また2015年、256の食材を日めくりとして綴った「味のカレンダー」を発売してますね。

おいしそうな食材のイラストを、日めくりで毎日拝めることができるなんとも素朴なカレンダーです。

本も出してて、文芸春秋刊の「東京 食のお作法」が有名です。

テレビ出演もたまにされてますね。

まとめ

マッキー牧元さんのことを調べていると、おいしいものが食べたくなってきます。

やっぱりとくにフェイスブックですね。

うまいものを食べるためにもっと仕事を頑張ってお金を稼ごう、という気持ちのなりました。

食べることが好きな人はマッキー牧元さんの今後の活躍に注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする