中村格は警察庁?経歴はどんなかんじ?もみ消し疑惑は本当か

警視庁刑事部長で、現警察庁刑事局組織犯罪対策部長の中村格氏がスキャンダル疑惑で話題になっています。

スキャンダルと言えば女性関係などのイメージがありますが、

本来スキャンダルは良くない噂、名声を汚すような不祥事、不正な行いなどの意味があります。

今回中村格氏が疑われているのは、

もみ消し(隠ぺい)疑惑です。

スポンサーリンク

今の時期(2017年5月)に中村格氏のことを検索されている、ということは

あの出来事を知ってのことだと思います。

2015年の6月8日に成田空港で警察に捕まる予定だった、

元TBSワシントン支局長のジャーナリストである山口敬之を

中村格氏が鶴の一声で救ったとされているんですね。

案件が案件なだけに、それが事実とすれば中村格氏は相当な権力者ということになるんですが、

彼は実際にどんな人物なんでしょうか。

中村格はどんな人?経歴や顔写真はある?

中村格(なかむらいたる)氏の詳しい経歴はまだ情報として出回っていないので情報は少ないです。

中村格氏は1986年(昭和61年)に警察庁に入庁しました。

警察庁に入庁するだけなら学歴は高卒からでも行けるんですが、

中村格氏は刑事局の組織犯罪対策部長にまでなっています。

このあたりの役職になってくると、日本の最高学歴(東大法学部など)がズラリと並んでいるので、

中村格氏はかなりの高学歴のキャリア組ということが予想できますね。

さらに、

彼は相当なやり手だったそうで、政界などでの人脈を築き上げて、

民主党政権時代に官房長官の秘書官を務めていました。

また、

2012年に自民党に政権が移ったときに、中村格氏は秘書官の任を解かれる予定だったんですが、

中村格氏は菅氏にゴリ押しでお願いして、そのまま秘書官を続投したそうです。

そして中村格氏はそれ以降も、菅氏の秘書官として驚異的な実力を発揮して、

官氏からは、中村格氏は将来の警察庁長官とまで称されるようになりました。

そして結局中村格氏は、

2015年(平成27年)3月23日まで、官房長官の秘書として活躍することになりました。

その後、

2015年(平成27年)3月23日から2016年(平成28年)8月22日まで警視庁刑事部長

2016年(平成28年)8月22日から、警察庁刑事局組織犯罪対策部長

などと、中村格氏は要職に就いていきます。

疑惑がかかっているスキャンダルは2015年なので、中村格氏は当時は警視庁の刑事部長だったんですね。

もちろん、

中村格氏は、菅官房長官をはじめとする政界のトップ人脈を持った刑事部長でした。

まあこういった話を聞くだけで、中村格氏はただの警察庁の職員ではないことは明らかですし、

政治的にも相当な実力を持っている人だと思います。

そうなってくると、

2015年に起きた山口敬之に関する案件も、もみ消そうと思えばそれができる力を持っていそうな気もします。

スポンサーリンク

警視庁と警察庁の違いは?

中村格氏の経歴を見ると、警視庁の時もあれば警視庁の時もありますね。

警視庁と警察庁の違いって何なんでしょうか。

中村格氏は2016年から警察庁刑事局組織犯罪対策部長です。

スキャンダル当時は警視庁の刑事部長だったんですが、当時と今との違いはあるんでしょうか。

まず

警視庁は東京都の治安維持活動をおこなう組織です。

要するに、〇〇県警とか〇〇府警とかとほとんど同じ仕事内容になります。

なんで東京だけ「東京都警」にならないのかというと、

東京は日本の首都ですし、霞が関や皇居など、日本という国の根幹をなしている組織がある都市でもあります。

他の件と比べて、その任務の重要度が違います。

なので、「警視庁」という特殊な呼び方をしているんですね。

それに対して警察庁は、

警察という組織全体の防犯対策や、刑法の運用、規則の作成などを行い、

各都道府県の警察の管理をする組織です。

なので、警官として外回りをすることもなければ、現場に行くこともありません。

さらに、

警察庁で働く公務員は、国家公務員ですが、

警視庁で働く公務員は、東京都の職員と国家公務員に分かれます。

先ほども書きましたが、

中村格氏は1986年(昭和61年)に警察庁に入庁しているので、

彼はスキャンダル疑惑がある2015年当時は、警察庁から出向という形で警視庁の刑事部長に就いていました。

いわゆるキャリア組というやつですね。

菅官房長官が、中村格氏は将来の警視総監、と言うくらいなので、もはや盤石な基盤ができているんでしょうね。

まとめ

今回はちょっと珍しく、警察庁の凄い肩書の人である中村格氏について気になることをまとめました。

彼はキャリア組であるだけでなく、相当なやり手で政治的な力を持っている人物であることが想像できます。

それが2015年のスキャンダル疑惑をさらにリアルに感じさせますね。


追記同じくスキャンダル疑惑がかかっている北村滋氏のことはコチラでまとめています⇒北村滋内閣情報官の経歴は?アイヒマンて誰?

追記山口敬之氏についてはコチラでまとめています⇒山口敬之氏は胡散臭いけど「詩織」氏も微妙という意見もあるの?


ジャーナリストである山口敬之氏にかかっていた容疑そのものは、外道そのものの行いですが、

このスキャンダルが事実なら日本中からのヘイトを集めることになりますね。

勇敢な女性のためにも、真相の解明をしてほしいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『中村格は警察庁?経歴はどんなかんじ?もみ消し疑惑は本当か』へのコメント

  1. 名前:浅野 投稿日:2017/06/20(火) 20:33:56 ID:9ff544c87 返信

    報道ステーションの古賀元通産官僚がテレビで「IamNotABE」批判した際に刑事部長だった中村格は直接テレビ局に電話をし圧力をかけた張本人、いわゆる安部傘下の一員で安部秘密警察と揶揄されている人物。高輪署の現場の刑事が逮捕状までとって成田空港であと一歩の際にレイプ事件の山口紀之氏の扱いを警視庁捜査一課に変更させ揉み消した張本人。忖度の第一人者