ローレン・ニコルソン中将の感謝されるべき発言は暴言か誤訳か?

2016年12月13日午後9時半ごろ、沖縄県名護市東海岸から約1キロの沖合でオスプレイが・・・落ちてぶっ壊れました。

ここで今、落ちてぶっ壊れた、と表現したのは・・・

世間ではオスプレイは不時着水したのか、墜落したのか、で意見が分かれてちょっと炎上気味だからです。(詳細はこちらでまとめています⇒オスプレイはクラッシャブル構造だから墜落じゃなくて不時着水?

スポンサーリンク

まあそれはともかく、

この事故を受けて、沖縄県の副知事である安慶田光男が、さっそく米軍に抗議しました。

彼が抗議をした相手の人物は、在沖のアメリカ海兵隊トップのローレン・ニコルソン中将(四軍調整官)でした。

その抗議は非公開で行われて、安慶田副知事がローレン・ニコルソン中将に、オスプレイの飛行停止と配備撤回を求める抗議文をニコルソン氏に手渡したそうです。

そしてその場でローレン・ニコルソン中将がおこなった、安慶田副知事対する発言(したとされる発言)が話題になってます。

その話題となっているニコルソン中将の発言は

『Should be thankful for that there was no damage』

だそうです。

これを安慶田副知事は、

訳:『パイロットは県民に被害を与えなかった。(パイロットは)感謝されるべきだ(抗議されるのはおかしい)』

と訳して(解釈して?)、その内容が朝日新聞のニュースに掲載されました。

ネットではこの『Should be thankful for that there was no damage』という英文を、

『パイロットは県民に被害を与えなかった。(パイロットは)感謝されるべきだ(抗議されるのはおかしい)』と訳すのは・・・

  • 間違っている(誤訳だ
  • そう無理やり解釈しただけ(ねつ造?
  • 無駄に相手を怒らせた(非常識だ。中将が事故の状況を説明する公式の会見が始まる前にいきなり抗議文を渡すとか。)

そんな意見がたくさん上がってました。

ちなみにこれは誤訳なんでしょうか?

それとも実際にニコルソン中将はパイロットに感謝しろ、なんてニュアンスで言ったんでしょうか?

ニコルソン中将の発言は暴言か誤訳か?

これはハッキリ言ってわかりません。判断ができないです。

なぜなら、この抗議は非公開で行われたもので、当然、公式の記録は一切残ってないからです。

なので、ニコルソン中将が

『Should be thankful for that there was no damage』

と発言したという情報源がないんですね。

じゃあなんでそんなやりとりが朝日新聞に載ったんでしょうか?

朝日新聞の『書き方』としては、

『・・・と、安慶田副知事が言ってるよ』

という書き方でした。

スポンサーリンク

その記事はコチラですが・・・

沖縄県名護市沖に米軍輸送機オスプレイが不時着して大破した事故で、沖縄県の安慶田(あげだ)光男副知事は14日、在沖米海兵隊トップのニコルソン四軍調整官に対し抗議した。安慶田副知事によると、ニコルソン氏は「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と抗議に不満を示したという。

安慶田副知事によると、オスプレイの飛行停止と配備撤回を求める抗議文をニコルソン氏に手渡し、抗議したが、ニコルソン氏はかなり興奮した様子で「(事故を)政治問題にするのか」と言ったという。安慶田副知事は「県民はオスプレイの配備も訓練も認めていない」と述べたが、ニコルソン氏は最後まで怒りが収まらない様子だったという。

安慶田副知事は面会後、報道陣に「謝罪は全くなかった。本当に植民地意識丸出しだなと感じた」と述べた。

引用:朝日新聞

安慶田副知事によると、という文言を繰り返し入れてますね。

要するに、安慶田副知事が一方的に言っている内容を朝日新聞がそのまま載せていただけなんです。

これだけでは何もわからないんですよね。信じたくてもどうやって信じたらいいのかわからないです。

まあ100歩譲って、ニコルソン中将が

『Should be thankful for that there was no damage』

と発言したとしても、

主語は誰なんですか?

あと、

誰に対して感謝するんですか?

という部分が気になりませんか?

新聞やテレビの報道では、主語は『You』で感謝の対象はパイロット、と解釈しているみたいですけど、

もし主語が『We』で、感謝の対象がパイロットじゃなくて『GOD』だったら

訳:『一般市民に被害が出なくてほんとうに良かった』

って解釈することもできますよね。

もちろん、真相はわからないんですが、ちょっと不自然な感じが残りますね。

まとめ

安慶田副知事も翁長知事と同じように、

なんとしても米軍基地を沖縄からなくしたい、という考えなので、強引にアメリカが悪、という方向に持って行こうとしている可能性はあります。

情報源が無い中で、安慶田副知事とニコルソン中将の発言を全面的にメディアがとりあげてるのはちょっとムリがある気もします。

追記:公式会見ではニコルソン四軍調整官は沖縄にの地元の人たちに対して、ハッキリと謝罪しています⇒ニコルソン四軍調整官は記者会見で謝罪発言をした?怒ってた?

とはいえ、大前提として、オスプレイが落ちたらダメです!オスプレイに限らず、沖縄の上空を飛行している軍用機が落ちるのはゼッタイにあってないけないことなので、

沖縄に住む地元の人たちの安全のために、原因解明と再発防止の対策はしっかりやっていってほしいですね。

スポンサーリンク

『ローレン・ニコルソン中将の感謝されるべき発言は暴言か誤訳か?』へのコメント

  1. 名前:名無しのニュースマニアさん 投稿日:2016/12/15(木) 10:02:43 ID:0c6d4a901 返信

    ニコルソン氏は記者会見で普通に謝罪されていますし、「感謝されるべき」発言はソースの信憑性的に問題ありと思うので、いまいち信用できない気がします

  2. 名前:二コルンソ 投稿日:2016/12/24(土) 23:03:46 ID:b2e6d1f5b 返信

    神に感謝するのは事故を起こした当事者、したがって、感謝する人であるWeが省略されることはない。
    Shouldから始まっているということは感謝するべき人が自分たち(事故を起こした当事者)でないことを物語るし、司令官がそのような言葉の過ちを起こすことは考えにくい(自分らが神に感謝してるなら主語を添えてアピールするので)。

    副知事の発言内容の信ぴょう性はともかくとしても、このサイトでいう「誰に対して感謝するんですか?」という疑問はこの英文から起きることはない。これを無理やり起こすのは情報の恣意的操作であり、副知事発言に疑問を持つのと同レベルでこの記事に疑問符がつく。
    筆者は今すぐ是正されたい。