シンゴジラ:漫画家別タッチのヒロイン、尾頭ヒロミに名言をつけてみる

絵が描けるってほんとに凄いことだと思います。

うらやましいです。

もし自分に絵を描く能力があるなら

この夏は1日じゅう尾頭ヒロミを描いてますね(笑)

ツイッターでは絵の天才たち(自分にはそう見える)が

いろんなタッチで尾頭ヒロミを表現して話題になってます。

スポンサーリンク

とくに新旧さまざまな漫画家別のタッチで描かれた尾頭ヒロミが凄すぎます。

今回は、見ていて凄いって思った尾頭ヒロミのイラストをいくつかあげて、

思いつく範囲で尾頭ヒロミの名言(漫画別)を入れていこうと思います。

まずは一番感動したこのイラストの中から・・・

荒木先生(ジョジョの奇妙な冒険)タッチからピックアップしたいと思います。

荒木先生タッチ『一番怖いのはマフィアではなく麻薬ね』(イロミオ・ガッシーラ)

jojo52

このタッチから予想すると、舞台はジョジョの奇妙な冒険第五部のイタリアですね。

さらにこの面構えから予想すると、

彼女はマフィア組織『パッショーネ』の幹部クラスの女性ですね。

名前はイロミオ・ガッシーラといったところでしょうか(イタリア語では『ハ行』の発音はないので)。

彼女は、裏社会の『必要悪性』は論理的に理解しています。

でも、

一般市民を堕落させる、麻薬に手を出している組織『パッショーネ』を許せない。

だから自らがマフィアになって内部から組織を破壊したいと決意し、

彼女はパッショーネに入り、幹部にまで上り詰めました。

そんな正義感と使命感にあふれた彼女はもちろんスタンド使いです。

スタンド名は『バイオフィリア』(←ビョークのアルバム名から。生物、あるいは生命のシステムに対する愛情、という意味)

能力は予知(に近い)能力ですね。

全ての動植物の動きを構造的に100%把握して、次から行う行動が全てわかる(水中にいる敵なら、いつ上陸するかもわかる)。

保身に徹すれば無敵に、攻撃型のスタンドと組めば最強になります。

スタンドのモデルはゴジラっぽい表皮に覆われたゴツゴツしたノートPCで、

スタンドを首からかけた状態で、姿勢よくテキパキと動き回って敵を翻弄します。

一度解析した敵の行動パターンは専用のUSBメモリに保存できます。

また、非常時のための顔に装着できるグラス型のモニターなどの周辺機器も充実しています。

宮崎先生タッチ『一番怖いのは腐海じゃなく人間ね』(オガシカ)

nausika

このタッチのモデルはナウシカだと予想します。

左の浮遊物は腐海の胞子ですね。

オガシカは人類を苦しめる腐海の胞子や生物の研究を進めていく中で、

実はそれらは本来人間にとって無害なもので、

それらを有害たらしめているのは人間だった、

という事実を知った彼女は人類に絶望し、

腐海を守るために人間と対立することになります。

人類はオガシカに

『ごめんなさい』

と謝っても許してくれません。

大友先生タッチ『一番怖いのはアキラじゃなく人間ね』(名前?)

akirakei

このタッチはAKIRAのヒロイン、ケイですね。

彼女は超能力の開発チームの研究員です。

東京を壊滅させた兵器(人間)であるアキラは、

人間が超能力の研究の過程で生み出だされた存在。

人間が利用しようとして失敗し、

人間の心に恐怖を刻みました。

それでもなお人類はアキラの夢をあきらめきれずに、同じ過ちを犯そうとしている。

そんな人間にあきれた尾頭ヒロミがここでも名言を発します。

『一番怖いのはアキラじゃなく人間ね』

スポンサーリンク

楳図先生タッチ『ええっ!?(←びっくりした)』(尾頭ヒロミ)

umezuoroti

このタッチは初期~中期の楳図かずお先生が描く『美少女』ですね。

さすがの尾頭ヒロミも、

楳図先生の恐怖世界に放り込まれたらこんな表情を見せるかもしれません。

彼女は楳図先生が描く世界でいったい何を見たんでしょうか?

映画『シン・ゴジラ』ではあれだけの究極生物を目の当たりにしてもこんな表情を見せなかったのに・・・

ひょっとしたら彼女は人間の行動予測が苦手だったりするんでしょうか。

楳図先生の作品は、人間の怖さを描写している作品が多いので、

やっぱり彼女にとって

『一番怖いのは人間』

なのかもしれもませんね。

上にあげた『尾頭ヒロミ課長補佐15変化』ですぐに思いついた名言はこれくらいでした。また思いついたら更新してきます。

次はこれも好きです。

岩明均先生(寄生獣)タッチ:『一番怖いのはパラサイトじゃなく人間ね』(小柏弘子)

kiseijutamiya

このタッチは岩明等先生の『寄生獣』で、人間に寄生したパラサイトなんですが・・・

攻撃力がめちゃくちゃ高そうですね(笑)

彼女は『寄生獣』のヒロイン?である田宮良子に似てるところありますね。

無表情なところや、人間に興味を持ち、観察&研究を続けて共存の道を淡々と探していく様子が尾頭ヒロミとかぶりますね。

そしてやはり彼女は気づきます。

『一番怖いのは人間ね』

ちなみに尾頭ヒロミから小柏弘子(オガシヒロコ)と顔と名前を変えています。

はだしのゲンタッチの尾頭ヒロミと矢口蘭堂

ちょっと不謹慎かもしれませんが、

作品自体の完成度が高すぎて笑ってしまいました。

まとめ

まだまだあるんですが思いつき次第追記するか別の記事で取り上げていきたいと思います。

こんなイラストを描けるみなさんは凄いですね。

冒頭の『尾頭ヒロミ課長補佐15変化』を書いた人がこんなことをツイートしてます。

いやいや、その発想を知ってもっと驚きましたから。

凄すぎます。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク