緒方林太郎の『頭が悪いからだ』などの発言&質疑がひどい?

民進党の緒方林太郎議員の、国会での発言や質疑内容がツイッターで話題になってますね。

今日開かれた衆院予算委員会でも彼は質疑をしました。

けっこう盛り上がってるので、国会中継を観なくてもツイートを観ればだいたい流れがわかってしまいます(笑)

スポンサーリンク

え~っとどういう風に盛り上がっているのかと言いますと・・・

叩かれまくってますね(笑)

彼は日ごろから問題発言をしているんでしょうか?

かなり手厳しい意見が並んでます。

一例をあげると、

スポンサーリンク

と、これだけ見ていても緒方林太郎議員はちょっとやらかしてるイタイ人なのかな、と思いますよね。政治に詳しくない人もみんなそう思うでしょう。

ただ、組織を運営する側からすると、緒方林太郎議員のような、

  • 何も考えずに言われたことを妄信して最後まで貫き通せるタイプ
  • ヘイトを一身に集めても平気なタイプ

の人間も多少は必要なはずなんですよね。

その意味ではレアな人物なのかもしれません(笑)

民進党にはそんなレアなタイプの議員が何人かいるようですよ。

  • ガソリーヌと言われる山尾志桜里議員
  • 玉木雄一郎議員
  • 長妻昭議員

このお三方と、緒方林太郎議員を会わせて、

ブーメラン芸人と言われてるみたいですね(笑)

ブーメラン芸人っていうのは・・・

  1. 自分のことを完全に棚に上げて、全力で相手を揚げ足をとったり批判をする(この時点で自分もやってる)
  2. そして話題に上がったところで、自分も同じことをやっていたことが発覚する
  3. おまえもやってんじゃねーか(笑)、と自分が投げたブーメランのように批判が返ってくる

こんな芸当ができる人たちのことを言うそうです。

これはなかなかできるものじゃありませんよ。

せっかくなので、カンタンに緒方林太郎議員をwikiってみますね。

  • 緒方林太郎議員は福岡県北九州市出身で、東大の文一に合格
  • 3年生の時に外交官の試験に最年少で合格して大学を中退
  • その9年後の2005年に外務省を退職
  • さらに2年後の2007年に今の福岡の北橋健治市長の選挙スタッフに。
  • 同年に民主党福岡県第9区総支部長(福岡県連副代表)に就任して、彼の民主党(民進党)人生が始まる。

政策としては

  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成
  • 永住外国人への地方選挙権付与にどちらかと言えば賛成
  • 日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている
  • 女性宮家の創設に賛成
  • 北朝鮮による日本人拉致問題が政治利用されていると指摘

・・・など、

ナルホド・・・民進党の鑑って感じですね。

でも彼をはじめとしたこういったいろんな意味で目立つ発言や振る舞いをしてくれている議員さんがいると、それがきっかけで政治に興味を持つ若者も増えてくるような気もします。

今後も彼の振る舞いは嫌でも耳に入ってくると思いますが、そんなプラスの面も無きにしも非ず・・・ということで我慢して受け流していきましょう。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする