小野田紀美議員が戸籍謄本を公開で辞職はない?蓮舫との違いは?

民進党の蓮舫代表に続いて、自民党の小野田紀美参院議員も二重国籍だったことがわかりました。

小野田議員の事務所は

知識不足で米国内での手続きが完了できていなかった。大変申し訳ない

と発表しました。

小野田紀美議員はアメリカ生まれで父が米国人、母は日本人のハーフです。

彼女は2015年10月に参院選に立候補することが決まった際に、日本国籍の選択と、アメリカ国籍の放棄の手続きを日本でやったんですが、

アメリカに対して、アメリカ国籍の放棄の申請が、『知識不足』により、できていなかったことを公表しました。

そもそも今問題になっている小野田紀美さんて誰なんでしょうか?今回初めて知ったという人も多い思うので、簡単にwikiってみます。

スポンサーリンク

小野田紀美参院議員て誰?

  • 名前:小野田紀美(おのだきみ)
  • 年齢:33歳(1982年12月7日生)
  • 出身:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ(1歳のときに岡山県に移住)
  • 学歴:清心中学校・清心女子高等学校→拓殖大学
  • 職歴:ゲーム制作会社
  • 趣味:作詞作曲、歌、読書、ゲーム
  • 特技:格闘技
  • 家族:未婚。アメリカ人の父と日本人の母を持つ。

聖心女子高等学校は岡山県内の私立ではトップクラスに偏差値が高いですね。

なかでも気になったのは、

  • ゲーム制作会社に勤務していて趣味はゲーム←わかる
  • 特技は格闘技←わからない

格闘技っていったい何が得意なんでしょうか?

もはや二重国籍問題以上に気になってます(笑)

趣味じゃなくて、特技、ですからね(笑)

噂では子供のころに空手をやってたそうです。

肉食女子な感じですね。

さて、そんな小野田紀美議員ですが、

今回自分が二重国籍だったことを自ら発表しました。

これには、

全国民:『またか!どうなってんの?』

と思ったと思います。

たしかにそうなんですが、

今回ちょっと気になったのは、

同じ二重国籍の問題でも、

前回の蓮舫代表の時と今回の小野田紀美議員の時との、

世間の反応の違いですね。

蓮舫代表の時とはどう違う?

国籍選択に関しては台湾とアメリカは同じようなものなので基本は一緒ですが、

  • 二重国籍が発覚した経緯
  • その後の対応

が、蓮舫代表と小野田紀美議員ではまったく違います。

小野田紀美議員の場合は、

  1. 二重国籍が判明する前に自分から公表した
  2. 自らのフェイスブックで戸籍謄本を公開した

これはツッコミどころ満載だった蓮舫代表の時とは全然違いますよね。

蓮舫代表の場合は、

  1. スキャンダルで二重国籍がバレた
  2. 戸籍謄本の公開をかたくなに避けている

これほどわかりやすい天と地の違いが他にありますか(笑)

つまり小野田紀美議員は蓮舫代表とは違い、

やらかしてしまったこと(二重国籍)を潔く自ら告白して、その後も戸籍謄本を公開するなどして、誠意ある対応をしています。

やはり、自らの戸籍謄本を公開したことはめちゃくちゃ大きな意味がありますね。

なぜなら蓮舫代表にはそれができなかったからです。

なんで蓮舫代表にはそれができないんでしょう・・・?

それはまあともかく、

今回の小野田紀美議員の二重国籍問題の報道で、

蓮舫代表のウサン臭さが蒸し返されたような雰囲気が漂ってきてます。

現にツイッターでは小野田紀美議員のことよりも蓮舫代表のほうにピントが合ってますね・・・

もちろん、2人の二重国籍のまま国会議員になった経緯は同じです。

選挙活動の時に、自分の国籍を正しく公表しなかった。

ただそれだけのシンプルなことです。

これは立派な公職選挙法違反です。

なお2人とも故意ではないとしています・・・。

まあたとえ故意じゃなかったとしても、自分の国籍を把握していないような人に、国家の運営に携わる仕事をさせるなんて、普通に考えて無理があると思うんですが・・・

ただ、日本の現行の国籍法では二重国籍そのものは禁止していない(できていない)し、罰則もありません。

なので、ここは日本で現行の国籍法に欠陥があるとして、これから法改正をすすめていくしかないですね。

スポンサーリンク

ていうかそもそも・・・

『国』会議員ですからね。

まず、その人がどこの国の議員であるか、という大前提が揺らいでいるということは大問題だと思うんですが・・・

民主主義とか以前に、国家運営の根幹に関わる問題のような気もします。

まあ法律はそんなにすぐに変えられるものではないので、ちょっとずつ時間をかけて正常に戻していくしかないですね。

それにしても・・・

民進党&台湾⇒二重国籍

自民党&アメリカ⇒二重国籍

なるほどな、って感じですね(笑)

小野田紀美参院議員の辞職はある?

それは本人次第といったところでしょうか?

蓮舫代表とは違い、小野田紀美議員は自分から二重国籍だったことを公表して、さらに自分の戸籍謄本を公開しました。国民の信頼を回復させるために最も確実な手段をとってます。印象は悪くないですね。あと会見を開いたら最強ですかね。

なので、公職選挙法違反の罰金を支払ったら議員を続けることは可能だと思います。

でも、ここは戦略的辞職、という選択肢もあります。

小野田紀美議員はまだまだ新人の議員です。

ここで潔く身を引けば、二重国籍問題を解消させる&国籍法を改正させる、ジャンヌ・ダルク的な存在になるかもしれません(ハーフだし)

そうなると次の選挙で勝つ見込みは全然あるし、今回の問題で全国民に小野田紀美さんの名前が知れ渡ってます。

かなり国会議員としてのパワーアップが見込まれると思いますね。

日本人は潔さを美徳とする民族ですし、そうなると彼女を支持する人も増えるでしょう。

さて、

今回で2人目の二重国籍議員が発覚しましたが、3人目以降はどうなってるんでしょうか?

二重国籍議員はまだいる?

これはまだ何とも言えませんが、可能性はあると思います。

いたとしても全員をさらすことはないと思いますが。

ああいった世界は内輪には甘いので、問題になる前に日本国籍を選択する人や、そのままの状態で居続ける人もいるかもしれません。

あくまで可能性ですが。

これから長ーーーい時間をかけて国籍法の改正をやっていくしかありませんね。

まとめ

今回は、蓮舫議員に続いて、小野田紀美参議院議員が二重国籍だったという報道がありましたが、

蓮舫代表の時とはちょっと事情が違うのかな?

と気になったので、2人の違いをまとめてみました。

今後の2人の動きは気になりますね。

小野田議員は会見を開くんでしょうか?

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク

『小野田紀美議員が戸籍謄本を公開で辞職はない?蓮舫との違いは?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/10/10(月) 09:43:07 ID:c8be1e7dc 返信

    長谷川教授という人間、何を解ったような事を言うのか、人間性のかけらもない、
    未熟な人間だ、このような類いの連中が企業を牛耳っているのか、一流イコールブラックだろう、長谷川出てこい、

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/10/13(木) 15:58:46 ID:51784f5e2 返信

    清心女子高等学校→拓殖大学 高校の偏差値が51 拓殖大学[政経]46
    どこをどうこねくり回すと、「トップクラスな偏差値」になるんだろう。

  3. 名前:匿名 投稿日:2016/10/19(水) 09:03:22 ID:7bcbbfb51 返信

    小野田議員も十数年間国籍選択義務を果たしていなかったんだから、日本の国会議員になる資格(常識の範囲で)はないでしょう。
    米国席離脱の手続きを取っていなかったのは、故意にだと思われます。
    区議会議員を二期も勤めて、この程度の手続きの方法を理解し得なかったとしたら、そもそも資質に問題ありですし、戸籍を公開した時に、出生地や生年月日を隠蔽するのは公人としてとるべき態度ではありません。