ピアノジャックがゼウスのOPで組曲!ニノのソロも過去に演奏?

11月24日に放送されたTBSのバラエティ番組、『究極バトル“ゼウス”』のバトルのオープニングで、ピアノジャックが演奏しました。

いきなりまさかのピアノジャックだったのでびっくりしましたね!

しかも懐かしいナンバーの「組曲『』」や「残月」、「jack」などを演奏してくれました。

めちゃくちゃかっこよかったですね。番組の内容がまったく頭に入ってこなかったです。

それぞれの曲の動画をはりつけておきますね。

スポンサーリンク

「組曲『』」

「残月」

「jack」

「jack」がヤバすぎますね・・・。

HAYATOさんとHIROさんの2人は現在、台湾ツアーの真っ最中ですけど、12月12日には「踊るインストクリスマス」が渋谷で開催されますし、来年2017年1月から全国ツアーが始まりますし、これからメディアに出る機会も増えるかもしれませんね!

自分が最初にピアノジャックを聴いたのは、2ndアルバムの「EAT A CLASSIC」のクラシック編曲ナンバーたちでした。もう度肝を抜かれましたね(笑)

当時はずーーーーーっと車の中で曲をかけて、HIROさんのかけ声に合わせてハイテンションになってました。

スポンサーリンク

ピアノジャックは2005年に結成して以来ずっと進化し続けているんですよね。

アルバムも出し続けてるのはもちろん、曲もどんどん研ぎ澄まされて変化していってますし、2人の超絶テクニックが超悶絶(ちょうもんぜつ)テクニックになっていってます。

聴きごたえありすぎますし、ぜんぜん飽きないですね。

HIROさんの体型もデビュー当時に比べてかなりガッチリしましたね(笑)カホンの迫力が増した気がします。

そしてそんな2人を周りの人が放っておくわけはありません。

葉加瀬太郎さんやDAISHI DANCEなどの著名なミュージシャンとコラボをしたり、ディズニーやファイナルファンタジーなどのアニメやゲーム音楽を編曲したりと、幅広い創作活動をされていますね。

Disney Rocks!の「メインストリート・エレクトリカルパレード」とかスピード感や躍動感が最高ですし、

「ファイナルファンタジーバトルメドレービッグブリッヂの死闘~妖星乱舞~片翼の天使」とか最高すぎますよね!3つの曲の展開がどんどん変わって行く爽快さ、あの流れ。いつ聞いてもワクワクしますよ。

また、有名な話で、嵐のニノこと、二宮和也さんが作詞・作曲を手掛けたソロナンバー「1992*4##111」にHAYATOさんとHIROさんがピアノ&カホンで参加したこともあったそうですね。

けっこう前の話ですけど、2010年の8月4日に発売された嵐のアルバム、「僕の見ている風景」に収録されたナンバーだったんですね。

どんな曲かというと・・・YouTubeなどで原曲は閲覧できないので(さすがにジャニーズ)、YouTubeにアップされているコピー演奏の動画を紹介しますと・・・

すごくいい感じの曲ですね。

たしかにHAYATOさんがバリバリ弾いてそうなメロディですね!そして上手ですねこの子。

ピアノジャックはテレビの音楽番組やCMにはほとんど姿を現さないですけど、音楽業界ではいろんな創作活動を幅広くされてるんですね。

そんなピアノジャックが夜のゴールデンにいきなり出演して演奏したのでほんとうにびっくりしました。そしてもっとテレビに出てほしいです。

今年の2016年8月にはニューアルバム『Cinema Popcorn』をリリースして、2017年からは全国ツアーです。

これからの活躍を期待します。

読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク