ピコ太郎のカナブンの振り付けを覚えて忘年会の余興を盛り上げる

2016年ももう終わりですね。

早いところではもう忘年会が始まってます。

忘年会と言えば・・・・・・

・・・・

・・・・というありきたりな挨拶は省きます(笑)

今回は忘年会の余興などで使える、ピコ太郎の新曲で、PPAPのアンサーソングでもある、カナブンブーンデモエビインビンのダンスの振り付けについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ピコ太郎のカナブンはPPAPより使える!?

ピコ太郎の新曲、カナブンブーンデモエビインビンがかなりおもしろかったので、みんなの反応を見てみました。

そしたらやっぱりかなり好評だったようで、

  • おもしろい!
  • PPAPより好き!
  • 初めてピコ太郎を面白いと思った!

という声がたくさん上がってました。

ということは・・・

このカナブンブーンデモエビインビンはまさに今流行っているダンスなわけです。

ピコ太郎のPPAPが2016年の8月に発表されてからもう4か月が経ってます。さすがにここまでくるともう、ネタ切れ感や、飽きられた感が出てきますよね。

そんな状況で2016年の忘年会の余興でPPAPダンスをやってもハッキリいって微妙でしょう。

頑張って覚えたPPAPを全社員の前で全力で披露して・・・

『あれ・・・・これって・・・スベッてる・・・?』

と、涙目になりながらPPAPを最後までやるハメに・・・なる可能性もあるかもしれません。

そうなると忘年会のはずが、決して忘れられない2016年になり、トラウマ必死です。

そこで、そんな全国の忘年会の余興に悩んでいる人たちのために、ピコ太郎は新曲、カナブンブーンデモエビインビンを発表してくれたんです(⇐うそです)

これはPPAPのアンサーソングという立ち位置なので、PPAPをやったあとに引き続き、2番としてやってもいいんです。

なかなか使い勝手のいいダンスじゃないですか。

ただ、PPAPに比べると、ちょっとテクニックが必要な部分もあるので、そこを注意しながら振付を覚えていきましょう。

カナブンブーンデモエビインビンの振り付けと注意点

まずは動画を見てみましょう(もうさんざん観たかもしれませんが)。

体の動きはほとんどPPAPと同じです(笑)

PPAPとの違いは歌詞と、手に持っているものが違うので振り付けも変わる、ということくらいですね。

スポンサーリンク

手に持っているのはPPAPとは違って、カナブンとエビという生き物なので、

カナブンとエビの生命の躍動感をどれだけ出せるか

にかかっているといっていいでしょう。

しかも本番ではピコ太郎以上に、めっちゃくちゃ大げさにカナブン感やエビ感を出さないといけません。

忘年会の余興の席の、一番遠くにいる人にも伝わるようにしないといけないからです。カメラがめちゃくちゃ寄ってアップになってるピコ太郎の場合とはちょっと勝手が違います。

では歌詞と振付をセットでまとめます。

導入:ピーピーブンビーン(?)

  1. アイハヴァビーン(右手にビンを用意する)
  2. アイハヴァカナブーン(左手の親指と人差し指でつまんで、カナブンを用意する)
  3. カナブンインビーン(カナブンを瓶に入れてすかさず右側にそのビンを置く
  4. アイハヴァビーン(今度は左手でビンを用意する)
  5. アイハヴァエビ(右手で活きのいいエビを用意する)
  6. エビインビーン(そのエビを左手のビンに入れる)
  7. カナブンインビーン(右手から、さっき右側に置いたカナブンインビンを前に出す)
  8. エビインビーン(左手のエビインビンを前に出す)
  9. カツンっ!(両方のビンをぶつける)
  10. ブーンっ!(右手人差し指でカナブンが飛んで行った方向をなぞる。指をちょっと左右に震わせる
  11. OH!
  12. カナブンブーン(ここでもういちど人差し指でカナブンを表現する)デモエビインビーン(左手に持つエビの入ったビンを嬉しそうに見せる)
  13. カナブンインビーン、アゲーン(右手でビンを投げる⇒たぶんさっきのカナブンをビンを投げて捕まえて、カナブンインビンをもう一度作った。最後も嬉しそうにする。

最後にまさかの大技ですね。

飛んでるカナブンをビンを投げて捕獲して、カナブンインビンをもう一度作るなんて人間業じゃないです。

ピコ太郎はいったい何者なんでしょうか。

まとめ

今回は、ピコ太郎が忘年会の余興に悩む日本中の人たちにリリースしてくれた(うそです)、カナブンブーンデモエビインビンがかなりおもしろかったので、まとめてみました。

忘年会では、1人で暴走してやるのもよし、会場が感心するくらい複数でカンペキに仕上げてもよし、やらされてる感満載でやるのもよし、全力でスベッても良し。

なにより自分が楽しくやることが一番ですね。

ではでは頑張ってください。

スポンサーリンク