バイト病欠の女子高生に罰金のセブンイレブンの店舗は?返金はある?

セブンイレブンのとある店舗のとある店長が、アルバイトで病欠した女子高生に罰金を科したことが発覚して話題になってますね。

強制的にその女子高生の給料から天引きされていて、給与明細の封筒に、

「ペナルティ」「9350円」

と書かれた付箋が貼られていたそうです。

スポンサーリンク

アルバイトにそんなことしていいの?

まあかなりブラックバイトなにおいがプンプンしますが、違法ではないみたいですね。

労働基準法では『罰金』ではなく、『減給の制裁』と表現してます。

「労働者に対して減給の制裁を定める場合、減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が賃金総額の10分の1を超えてはならない」

労基法91条(制裁規定の制限)

・・・ということは、

今回の女子高校生にバイト病欠のペナルティとして科した、

「9350円」

という額が高すぎる、ってことですね。

まあ労基法で定められてるとはいえ、こんなことをしたらブラックバイト店舗の認定は確実ですよね。

この「9350円」という額は彼女の10時間分の労働賃金に相当するそうです。

店舗によりますけど、コンビニのバイトってけっこう忙しくて重労働なのに、そんな額を天引きされたらたまんないですよね。

たしかに体調管理を怠ったことについては過失はあるかもしれないですけど、体調を崩して病欠なんてだれでもあることです。

ヤフーニュースには

「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」

として罰金を科したそうですが、代わりを探すのは会社の方ですから(笑)

厚生労働省労働基準局の担当者もこの件を受けて、

「代わりの人間を見つけるのは加盟店オーナーの仕事」

と話していたそうです。

ところでこのセブンイレブン、店舗はどこなんでしょうか?

スポンサーリンク

店舗はどこ?

このセブンイレブンの店舗はどこなんでしょうか?

各メディアのニュースによると、

東京都武蔵野市内の加盟店

ということなんですが。

Twitter上ではまだ情報は出てないですね。

まあこの店舗のオーナー店長も病んでるのかもしれないですし、店舗名や本人がさらされても、さすがにやりすぎ感もありますね。

セブンイレブンの社員から儲かるって言われて、起業をすすめられて、脱サラして、加盟店のオーナーになって・・・24時間営業なのに人出不足で・・・バイトが突発で休んだら不眠で働いて・・・それで自分の給料があがるわけもなし・・・

べつに今回の件で加盟店のオーナーを擁護するつもりはありませんが、いちばん極悪なのはセ●ンイレ●ンジャパンのやり方だと思いますね。

返金はある?

セブンイレブンジャパンはその加盟店に、バイトの女子高生への返金を指導したそうです。

これがまたいつになるのかはわかりません。

天引きされた給料明細を見ると1月の明細ですが、今から返金するってなっても、2月の給料明細に反映されるのかはわかりませんね。その辺はいろいろとややこしそうです。

一日でも早くバイトの女子高生に返金してあげてほしいですね。

まとめ

今回は『ブラックバイトあるある』の真骨頂、罰金を給料から強制天引きされた16歳の女子高校生があまりにも不憫だったのでまとめてみました。

いちばん極悪なのはセ●ンイレ●ンジャパンのやり方だと思うんですが、今回はそれに巻き込まれたアルバイトの女子高校生がかわいそうでした。

まあとりあえず転職してもっといい職場に出会ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする