シンゴジラ:初ゴジラでもおもしろい?ゴジラを観たことない人も感動

2016年7月29日にゴジラシリーズ最新作の『シン・ゴジラ』が公開されました。

ゴジラと言えば昔から長く続くシリーズ大作です。好きな人は全シリーズ観ている人もいるでしょう。

今までのゴジラ関係の映画を観て、ゴジラに関する歴史や豆知識などをいっぱい持っているファンもいると思います。

そんなファンにとって、今回公開された『シン・ゴジラ』は真っ先にチェックするべき映画ですね。

スポンサーリンク

その一方で、

タイミング的にも年代的にも、今までゴジラシリーズを観たことがないという人もかなり多いはずです。

今の若い世代からすると、ゴジラと言えばどうしても、日本の古き良き特撮モノというイメージがあると思います。

とくに最近の20代~の若い世代にとっては、古臭いという先入観がある人も多いはずです。

つまり、ゴジラを観たことがない、初ゴジラ層がかなりたくさんいるはずです。

そこで今回は、『シン・ゴジラ』は初ゴジラ層でも楽しめる映画なのか、を検証してみました。

検証方法は、正真正銘の初ゴジラ層である管理人が、実際に映画館に『シン・ゴジラ』を観に行く、というシンプルな方法を選びました。

なお、この記事に関しては映画の内容そのものには極力触れていません。ネタバレはありませんのでご安心ください。

『シン・ゴジラ』は初ゴジラ層でもおもしろいか?

結論から言いますと、

めっちゃくちゃおもしろかったです。

初ゴジラでしたけど、感動して涙が出ました。

『シン・ゴジラ』は、ゴジラを知らない、今までゴジラに興味がなかったという初ゴジラ層の人にとっても、めちゃくちゃ楽しめる映画になってます。

いやむしろ初ゴジラの方が良かったんじゃないか?というくらいでした。

ツイッターでは初ゴジラ層からも絶賛されてますね。

『シン・ゴジラ』が初ゴジラでもおもしろい理由

人類が初めてゴジラに出会った、という設定だから

『シン・ゴジラ』では、ゴジラと人類はまったくの初対面です。

ゴジラは人類には無関心でやりたい放題(目的はわからない)

人類はゴジラのことを全く知らない(政府にも一切の情報ナシ)

そんな状態からゴジラを倒す方法(?)をゼロから考えていくんですね。

要するに、

『あのときはこうやって倒したよな~今回もそれでいくか』

とかの、『あのとき&今回』トークも一切ありません。

ゴジラとの初対面から撃退(?)まで、全てこの作品だけで完結しています。

実際に、前作を観ていなくてもまったく影響はなかったですね。

むしろゴジラの他のシリーズ作品と比べたりすることがない分、思いっきり集中できました。

シリーズ中(邦画)最高のCGでゴジラや街を再現しているから

これは前作までと見比べるまでもないんですが、CGのクオリティに関しては間違いなく過去最高です。というか人形を使わないでフルCGでゴジラを再現したのは初めてなんですけどね。

CGのクオリティに関しては賛否別れると思いますが、

邦画にしては十分すぎるぐらいやってくれた、と思います。

昼間の戦闘シーンも凄かったですが、夜にゴジラが攻撃するシーンなんてそれだけで感動してしまうくらいの臨場感がありましたよ。

この臨場感に関しても、間違いなく『シン・ゴジラ』が過去最高です。

なので初めて見たゴジラが、『シン・ゴジラ』なんてむしろ幸せと思っちゃいました。

出演している俳優が凄いから

選ばれた俳優陣も、たぶん過去最強なんじゃないか?と思えました。

完全実力主義で選ばれている、という印象を受けました。

主演の長谷川博己さんや、重要人物を演じる石原さとみさん竹ノ内豊さんをはじめとして、細部まで手を抜いていない(ように見えました)キャスティングは圧巻でした。

この俳優陣も凄さも、前作関係なしに初ゴジラ層がおもいっきり楽しめる要素だと思います。

俳優さんに関しては思うところがいくつかあったので、また別の記事で書きたいと思います。

スポンサーリンク

『シン・ゴジラ』を観るにあたっての注意点は?

とくにないんですが、ネットでたまに見かけるのが、情報量が多すぎてついていくのが大変だったという声ですね。

どういうことかと言いますと、

『シン・ゴジラ』のストーリーの中で、政府がゴジラ対策をゼロから始める過程で、聞き慣れない専門用語が洪水のように出てきます(笑)

内閣府や内閣官房の役職名や役割とか、緊参やレク、巨災対などの略語などですね。

この用語達が、とんでもない早口で会話の中に出てきます。それを全部理解しようと思うと、

???

となるので、

あまり官僚同士の会話は真に受けないようにした方がいいですね。

それよりも、そんな大人たちのテンパり具合がかなりリアルで楽しめますよ(笑)

細かいことは気にせず、ストーリ全体を楽しむという感じでも十分に楽しめました。

まとめ

今回は管理人が、初ゴジラだけど楽しめるのかな~?と思って観に行った『シン・ゴジラ』があまりにも面白かったので、この記事を書きました。

むしろ、『シン・ゴジラ』が初ゴジラで本当に良かったと思いました。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする