磯野貴理子がおススメ!シンゴジラは女性が観てもおもしろい?

シンゴジラをおススメしている磯野貴理子さんがネットで話題になってますね。

磯野貴理子さんはフジテレビのバラエティ番組『はやく起きた朝は』で

シン・ゴジラを観た感想を熱く語ってくれてました。

その内容を餅朗さんという方がツイッターで文字に起こしてくれています。

スポンサーリンク

映像も観ましたけど、磯野貴理子さんかなり熱いですね!

感情をいっぱいに出して、全身でジェスチャーしながらのゴリ押し感が

なんか心地よかったです。

松居直美さんと森尾由美さんにはあまり相手にされてないんですけど(笑)

女性目線(磯野貴理子さん目線?)から観たシンゴジラの感想が

とても新鮮でした。

実際に女性ファンは少ない?

そんなことはないです。

ネットでの書き込みを観ても女性の感想もかなりたくさん見られます。

でも映画館の来客状況を見ると、やはり男性の方が多い印象ですね。

女性だけのグループで見に来てる人を見かけたことはほとんどありません。

やはり

ゴジラ=特撮モノ=男性向けというイメージが強いのかもしれません。

女性には理解できない、

男のための子供っぽい世界

というイメージがあるのかもしれません。

女性ならではの楽しみ方は?

シンゴジラは確かに男心をくすぐる要素がかなりあるんですが、

実は女性の心をくすぐる要素もあります。

イケメンが多い

映画『シン・ゴジラ』に出演している俳優さんにはイケメンが多いです。
長谷川博己さん、高良健吾さん、竹野内豊さんなどが重要な役を演じてくれています。

とくに主演の長谷川博己さんはイケメン&超有能なエリート政治家を演じています。

セリフもカッコイイし、疲れ切った顔や、感情が爆発して取り乱している様子も・・・

全部が絵になる男でしたね。

イケメン目当てでも十分に女性が楽しめる映画だと思います。

スポンサーリンク

カッコイイ女子が出ている

シンゴジラに出ているカッコイイ女子といえば、

尾頭ヒロミの一択

という人がかなり多いと思います。

尾頭ヒロミは超有能な美人リケジョです。

自分が好きなこと(生物学)を仕事にして、極限まで自分の能力を磨き上げ、
決してブレずにあきらめずに淡々とゴジラの分析を行う彼女

女性目線でみても相当カッコイイと感じると思います。

また、尾頭ヒロミ以外にも、

防衛大臣の花森麗子

という最強の女子が出てきます。

おそらくシンゴジラでは、ゴジラを除けば最強の人間だと思います。

美人ですし、

男たちを圧倒するようなシーンもあり、威圧感が凄かったです。

そんな強くて美しい花森防衛大臣

女性目線からみても、

あ、この人カッコイイ

と思う人も少なくないはずです。

知ってる場所が出てくる

これは磯野貴理子さんも言ってましたが、

知ってるビルや知ってる道とか知ってる川や知ってる地名が出てきて『うわ!家もうすぐだって思ってやめてゴジラもうやめて』ってなるわけ!凄いリアリティなの!リアリティったら半端じゃないのよ。

やはり自分が知っている場所が出てきたら嬉しくなりますよね。

ゴジラ、けっこうカワイイ

ちょっとネタバレですが、映画『シン・ゴジラ』ではゴジラは成長していくんですが、

完全体になる前の4足歩行をするゴジラがけっこうカワイかったりします。

2足歩行の完全体のゴジラも、目だけは丸くてちっこくて、なんか愛嬌がある感じでした。

女性にとっての注意点は

映画『シン・ゴジラ』には女性にとってどうでもいい要素もあります。

1つだけあげると、

序盤の会議シーンが長いんです。

謎の巨大不明生物が出現してから政治家たちが慌てて会議をして、
巨大不明生物の正体や対処法などを会議で議論する様子がけっこう長いんですよね。

男目線なら、そこで笑えるような名言や名シーンが登場してけっこう楽しめるんですが、

女性からすると

長い、退屈、よくわからない

と感じるかもしれません。

また、専門用語や漢字だらけのテロップも多くて、

どうでもいい

と感じる部分もあると思います。

まとめ

映画『シン・ゴジラ』は女性が楽しめる要素も盛りだくさんです。

今回は、

イケメンが多い
カッコイイ女子が出てる
知ってる場所が出てくる
ゴジラけっこうカワイイ

など、シン・ゴジラの楽しめる要素のほんの一部を紹介しました。

磯野貴理子さんのような女性視点の感想をもっと聞きいてみたいですね。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク