脳内シンゴジラ:安倍首相のマリオが閣議決定される過程を想像する

課長補佐(尾頭):『確かにドラえもんのどこでもドアなら可能ですがドアのサイズが小さく総理がリオの閉会式に到着したという事実に観客が気づかないという懸念があります。ここはドラえもんの秘密道具の一つである土管の使用を推奨します。土管のサイズは入口と出口で調整でき、また形状も円状の筒であることから会場では日本のシンボルである日の丸としての再利用も可能です。』

課長補佐(尾頭):『しかしながらその場合総理にはマリオになっていただく必要性があります。なぜなら現在確認されている日本国内の生物で土管の長距離移動または土管による瞬間移動という特殊能力をもつ生物は、マリオ(またはルイージ)しか存在しないという理由からです。それ以外に今から総理がリオの閉会式に間に合う方法はないと断言します。』

オタク(安田):『あー!あーーー!あーーーーー!そんなのありかよぉぉぉーーーーッ』

防衛大臣(花森):『総理!ここは苦しいところですが、ご決断を!!』

総理(大河内):『・・・わかったやろう。原稿とマリオコスを用意してくれ。

注意:このやりとりは現実世界のものではなく、映画『シン・ゴジラ』の閣僚会議シーンなどを、現実世界へと脳内変換したものです。)

スポンサーリンク

完全に虚構と現実がミックスした危険な香りがする文章から始めましたが、

ツイッターではこのような、

脳内シンゴジラで安倍首相のマリオが閣議決定されるまでのプロセスを想像する

という行為で盛り上がってました(笑)

シンゴジラファンとしてはいくらでも楽しめる話題ですね。

その一部を紹介します。

映画『シン・ゴジラ』はこんな楽しみ方もできてしまうんですね。

当サイトでもシンゴジラの記事はいくつか書いていますが、

あらためて凄い映画なんだと思いました(笑)

ところで、

もう日本人では知らない人はいないと思うんですが、安倍首相が扮するマリオについてまとめておきました。

安倍首相のマリオとは

リオオリンピックの閉会式の後に、

次回のオリンピック開催国である日本がプロモーションを披露しました。

そのプロモーション映像の中に出てきた、

ホンモノの安倍首相が扮するマリオ

一番の話題をかっさらってしまったんですね。

親しみを込めて『安倍マリオ』なんていう言葉も出てきてます。

では簡単に安倍首相のマリオの登場まであらすじをまとめます。

スポンサーリンク

安倍首相のマリオ登場までのあらすじ

東京の渋谷から始まるプロモーション映像の後半では、

クールジャパンの筆頭コンテンツである、

日本のアニメやゲームのキャラクターが登場しました。

パックマン、キティちゃん、ドラえもん、キャプテン翼など出てきましたね。

そしてストーリーが始まります。

北島康介さんからリオに届けられる赤いボールのリレーが始まり、

マラソン選手、キャプつば、ボクサー、から最後は安倍首相に渡されました。

でも・・・

安倍首相は日本時間で、朝の9時半に国会議事堂を出発したばかりです。

リオの閉会式に間に合うわけがありません。

なにしろ閉会式はリアルタイムでやってるんですから。

そこで、安倍首相はなんと、

『これは間に合わないな』と、

移動中の車内でマリオに変身しました。

なんでマリオ!?

と観ている人はみんなびっくりしたと思います。

でもこの疑問はすぐに解決します。

次にドラえもんが秘密道具を出します。

ちゃららっちゃら~

『なん・じゃ・こ・りゃ~?(道具名不明)』

を使って渋谷のスクランブル交差点から土管をぶっ刺して、

なんと渋谷と地球の反対側のリオを、土管で繋げてしまいました。

さすがドラえもんですね!

でもこれだけでは十分ではありませんでした。

尾頭ヒロミ課長補佐の言う通り、日本国内の生物で、

土管の中を長距離&瞬間移動できる生物

マリオ(とルイージ)しかいません。

だからこそ、北島康介さんたちから引き継いだ赤いボールをリオの閉会式に届けるためには、

安倍首相がマリオになるしかなかったんですね。

マリオ(安倍首相)はドラえもんの秘密道具と、マリオが持つ特殊能力のおかげでめでたくリオの閉会式に間に合い、

見事に職務を全うしてくれました。

安倍首相、本当にお勤めご苦労様でした。

まとめ

リオ五輪の閉会式に行われた東京オリンピックのプロモーションはわずか10分ほどでした。

でもめちゃくちゃ感動してしまいました。

安倍首相のマリオ以外にも、

君が代のアレンジ曲や

椎名林檎さんが担当した音楽や

MIKIKOさんによる総合演出と演舞振付、

青森大学男子新体操部のダイナミックな演技など

圧倒的なパフォーマンスでした。

日本という国の美しさや日本人の民族性、東京という首都の魅力が凝縮されたパフォーマンスだったと思います。

ただ、今回はあまりにもパンチが効いていた安倍首相のマリオと、映画『シン・ゴジラ』の内容との相性があまりにも良かったので、リオの閉会式のマリオにスポットを当ててみました。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする