シンゴジラ:コンビニにあったらほしい!巨災対関連グッズまとめ

映画『シン・ゴジラ』は今や多くの日本人に愛されている映画ですが、その公式グッズのラインアップに不満があるとの声がネットでは多くあがってますね。

これには同意します。

『シン・ゴジラ』を初めて観たとき、あまりにも面白かったので観終わってすぐに映画館内のグッズコーナーに行きました。

そして記念に関連グッズを買って帰ろうと、並んでるグッズたちを見て・・・・

『う~ん・・・これじゃないんだよなぁ』

・・・と確かいろいろと不満を感じ、結局何も買わなかったという経験があります。

スポンサーリンク

映画の面白さに反してグッズのイマイチ感に首をかしげてました(しかもパンフレットは売り切れ・・・2回目の時に購入しましたが)。シンゴジラの関連グッズはちょっともったいないラインアップだなぁと今でも思ってます。

映画『シン・ゴジラ』はすべてのシーンが極限まで細かく描写されていて、映像に映っているアイテムの一つ一つに庵野監督のこだわりと、意味があります。

それはゴジラそのものよりも、巨災対メンバーをはじめとした人間が出てくるシーンに使われたアイテムの方が緻密な計算のうえで配置されていると思います。

そんな映画の特徴を活かせば関連グッズの専門店を作ってもかなり盛り上がって儲かりそうな気がするんですが・・・

そこで今回はとりあえず、みんなの身近な存在である、

コンビニにあったら思わず買ってしまう巨災対関連グッズをまとめてみました。

主に巨災対関連のグッズになりますがラインアップはこんな感じです(価格は税抜きです。)。

  1. まずはきみが落ち着け水(150円)
  2. ゴジラ汁ぶしゃージュース(250円)
  3. 官邸職員の小母さんオニギリ&お茶(各150円)
  4. 『あっつ!』コーヒー(Sサイズのみ120円)
  5. 『あ~あ伸びちゃったよ』ラーメン(280円)
  6. 『正直少しにおいます』ワイシャツ(3500円)
  7. コンビニ店員さんからのリップサービス『礼には及びません、仕事ですから』(0円)

コンビニにあったら思わず買ってしまう巨災対関連グッズ

1.まずはきみが落ち着け水(150円)

これはもう王道の商品ですね。

薬事法により、水の効果・効能は表示できませんが

『めっちゃ怒っている上司に水ドンしたら落ち着いてくれた』

『自分が飲んだら不思議とおだやかな気持ちになった』

など、

ネットでの口コミはかなりの数が上がってくるんじゃないでしょうか。

2.ゴジラ汁ぶしゃージュース(250円)

ゴジラ汁とは巨大不明生物の首元のエラの部分からブシャーと吹き出す半透明の赤い液体です。人間が頭からかぶっても、直ちに影響があるというわけではなさそうでしたね。

これは半透明のベリー系ジュースですね。

味はベリー系一択です。

ビジュアルはこんな感じで↓

3.官邸職員の小母さんオニギリ&お茶(各150円)

これは片桐はいりさん演じる、ベテラン官邸職員の小母さんが徹夜続きで疲労している巨災対メンバーに振る舞ったオニギリとお茶です。

種類は塩おむすび一択です。

お茶はもちろん緑茶でホットのみです。

4.『あっつ!』コーヒー(Sサイズのみ120円)

巨災対で図面の謎を解くときに、矢口が自分で入れたコーヒーで舌をやけどしそうになったシーンのコーヒーです。

専用のドリッパーで気化(沸騰)寸前まで加熱したコーヒーです。

死ぬほど熱いので冷めないうちに歩きながらどうぞ。

5.『あ~あ伸びちゃったよ』ラーメン(280円)

里見:『あ~あ伸びちゃったよ』

里見:『総理の仕事って、大変だなぁ』

臨時総理代理に就任した里見祐介のワンシーンに出てきたラーメンですね。

インスタントラーメンで、お湯入れ10分で麺が汁を全て吸い込んでふやけます。

猫舌の人も安心して食べられます。

スポンサーリンク

6.『正直少しにおいます』ワイシャツ(3500円)

これは映画の中の巨災対で、徹夜続きの矢口蘭堂に対して尾頭ヒロミが

尾頭ヒロミ:『正直、服も部屋も少しにおいます』

と言い放ったシーンからの商品化ですね。

これは社内での徹夜続きの男性客の他にも、

女性から男性へのプレゼントにも利用できます。

これを女性から受け取った男性はムダな詮索をせずに

『そうか?(スンスン・・・)』

と言って着替えてきましょう。

7.コンビニ店員さんからのリップサービス

コンビニ店内のシンゴジラ関連商品を購入した人に限り、

コンビニ店員さんからの無料のリップサービスを受けることができます。

レジで支払いをすませたお客さんは店員さんに

客:『ありがとうございます』

と伝えてください。

コンビニ店員さんはあなたのその感謝の言葉に対して、

コンビニ店員:『礼には及びません、仕事ですから』

と答えてくれます。

無料でスマイルを見せてくれる?

いやいや・・・

そこには笑顔はありません。
あるのはプロとしての誇りだけです。

この言葉を聞いたコンビニ客は自分の仕事もプロとしての誇りを持って頑張れることうけあいです。

素晴らしい1日を過ごすことになるでしょう。

●まとめ

今回はコンビニにあったら思わず買ってしまうシンゴジラの関連グッズをまとめてみました。

コンビニ以外では実際にある(あった)商品もツイッターで上がってますね。

もしシンゴジラがソフト化されたら、すべてのシーンを細部まで解析したい病にかかる人が続出すると思います。

そうなると商品化希望の関連グッズだけでも100種類以上にも上ってそれだけでお店を開くことが可能になりますよ。

もうジブリの『どんぐり王国』状態ですね。

ブームも落ち着いていっても根強いファンに支えられて

末永く名作であり続けてほしいですね。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする