プミポン国王死去でタイ王国はこれからどうなる?日本への影響は?

タイ王国のプミポン国王が亡くなられました。

プミポン国王の社会的影響はすさまじいものだったので、

亡くなられることによって、いろんな影響や現象が世界中で起きる予感がしますね。

後継者とされるワチラロンコン皇太子のことも心配ですよね(笑)

タイはこれからどうなっていくんでしょうか?

日本にはどんな影響があるんでしょうか?

スポンサーリンク

タイはこれからどうなる?

プミポン国王が死去されて、これから後継者問題でモメまくるのかな・・・?

と思いきや、ワチラロンコン皇太子が後継者に決まることがほぼ決定してますね。

ワチラロンコン皇太子といえばその遡行の悪さで有名なので、国民からの支持率はかなり低いと思います。(コチラでまとめています→ワチラロンコン皇太子のヤバいエピソードまとめ:タトゥーは本物?

でも不敬罪があるので、国民は無条件で受け入れるしかないんですね。

これからタイ社会には混乱が起きそうです。

まずは、王室や国民が喪に服すことになります。

これはつまり、屋台や飲食店や、観光地の店などが営業を自粛したりして、経済が滞ることを意味します。

国内の祭りや行事も中止が相次いでこのまま国民の消費が冷え込んでいく可能性がありますね。

政治的にもワチラロンコン皇太子と、妹のシリントーン王女の派閥が衝突して混乱を招くことも予想されますし、

これから大変な時期が始まると思います。

スポンサーリンク

日本にも影響はある?

もちろんタイの混乱は日本にも影響があります。

タイには4500社以上の日本企業が進出してますし、日本食などの飲食店もかなりの数が出店されています。もちろんタイの企業に投資している個人や法人もいるわですし、

日本の企業の売上や、金融市場にも大きな影響を与えることになります。

あとは治安の悪化ですね。

プミポン国王は暗黒の5月事件などで、内戦や混乱の仲介役としての圧倒的存在感がありました。(詳細はコチラの記事でまとめてます→プミポン国王はなぜカリスマ?凄い&愛されエピソードまとめ

その仲介役がいなくなった今、今までのバランスが崩れて何かしらの騒動が起きたりするおそれがあります。

そうなってくると、タイ在住の日本人が何らかの騒動に巻き込まれる可能性が出てきますよね。

また、日本国内の旅行業者も大打撃を受けることになります。タイ国内の観光業が自粛しているわけなので、そんな時期に旅行にいく理由はないですもんね。

まとめ

今回はタイ王国のプミポン国王が亡くなられたことでタイ王国と日本にどんなことが起きるのかとカンタンにまとめてみました。

ぜんぜん他人事じゃなかったんですね。

とくに現地で働いている日本人の方たちは大変だと思います。

ご無事を祈るしかありません。

読んでいただいてありがとうございました。

もしご意見ご感想などありましたらコメントお気軽にどうぞ~

スポンサーリンク