蔦谷好位置は嫁や子供はいる?経歴や本名などのwiki情報

今回は最近テレビに出演してどんどん知名度を上げている音楽プロデューサー、蔦谷好位置さんのことをまとめたいと思います。

彼は日本の音楽シーンを牽引するプロデューサーの中でも、若手NO.1と言われてます。

今までの実績としては、YUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、木村カエラ、Chara、絢香などのアーティストへの楽曲提供や、アレンジ、プロデュースをやってますね。

完全に成功者じゃないですか。

では蔦谷好位置をウィキってみます。

スポンサーリンク

蔦谷好位置さんwiki

  • 名前:蔦谷好位置(つたやこういち)
  • 本名:蔦谷恒一(つたやこういち)
  • 年齢:40歳(1976年5月19日生まれ)
  • 出身地:北海道札幌市
  • 高校:札幌西高校
  • 大学:北海学園大学
  • 愛称:ナイスポジション(好位置という名前から)
  • 職業:音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、作詞家など
  • 事務所:アゲハスプリングス
  • 家族:2011年に結婚。子供の有無は不明。

本名が蔦谷恒一、からの、蔦谷好位置・・・なんかすごい名前になってますけどどんな意味があったんでしょうか?ちょっとわかりません。

でもそれがナイスポジションって愛称につながってるんですね。

そんな彼ですが、子供のころから音楽の才能は抜群だったそうですよ。

小学4年生にしてパソコンで曲を打ち込んでたみたいです。

神童か!

やっぱり蔦谷好位置さんの音楽に関するエピソードがけっこう凄いんです。

  • 小学生になって少しピアノが弾けるようになると、譜面どおりに弾くのがあまり好きじゃなくて、いつも勝手にアレンジしたり、適当に作った曲を弾いていた。
  • 小学校6年生でクラシックにハマる
  • 中学校2年生でジャズにハマる
  • 大学生で本格的に曲作りをして、複数の事務所やレコード会社に送ったら全部から返事をもらえた。
  • 当時組んでいたバンド(のちのCANNABIS)は地元・札幌のコンテストではだいたい優勝

なんかもう、音楽やるために生まれてきた人みたいですね。

スポンサーリンク

でも・・・

そんな音楽の才能を持って、今でこそ輝かしい実績を築いている蔦谷好位置さんですが、

決してここまで順調にきたわけではありません。

蔦谷好位置さんは大学時代に結成したバンド『CANNABIS』でデビューしました。

シングル3枚・アルバム2枚を出したんですが、売り上げが伸びずに、2003年に解散しました。

その後は蔦谷好位置さんが個人で音楽を作曲し、音楽会社に持ち込んだりするんですが反応が悪く、なかなか芽が出なかったそうです。

蔦谷好位置さんはそれでも作曲は続けていました。

生活はかなり苦しかったそうです。

でも・・・

それでもあきらめなかった蔦谷好位置さんにチャンスが到来します。

蔦谷好位置さんの現在の所属事務所である、アゲハスプリングスの鳥巣さんから、コンペの参加の誘いが来ました。

もちろん蔦谷好位置さんは参加を決意して、

そのコンペで出した曲が、JOYだったんですね。

そしてコンペで高い評価を勝ち取り、そこから今までのサクセスロードが始まったということでした。

まとめ

蔦谷好位置さんは音楽界を代表する若手プロデューサーですし、テレビ出演した際もハイテンションでキャラクターもおもしろい人なんですが、

苦しくてもあきらめずに頑張ってきたからこそ今があるんですね。

才能だけがあっても成功するわけじゃないんですね。

今後の活躍を期待します。

読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする