若狭勝は結婚してる?経歴や学歴などのwikiプロフィール

衆院ダブル補選で東京10区の代表として、若狭勝さんが(自民・前)が当選しましたね。

今回は若狭勝さんのことを紹介したいと思います。

まずはカンタンなwiki風のプロフィールをまとめます

若狭勝さんwikiプロフィールは・・・

  • 名前:若狭勝(若狭勝)
  • 出身:東京都葛飾区
  • 年齢:59歳(1956年12月6日生まれ)
  • 学歴:都立江北高校卒業→中央大学法学部卒業
  • 結婚:現在独身?奥さんが亡くなられている。
  • 家族:息子さんとお孫さんがいる。

スポンサーリンク

経歴をまとめると、

  • 1980年10月:司法試験合格
  • 1983年4月:検事任官・東京地検
  • 1984年4月:福島地検
  • 1988年4月:横浜地検
  • 1990年4月:東京法務局(訟務検事)
  • 1993年4月:東京地検刑事部、特捜部
  • 1996年4月:法務総合研究所教官
  • 1998年4月:東京地検特捜部副班長
  • 2000年4月:司法研修所教官、司法試験考査委員
  • 2003年4月:東京地検特捜部班長
  • 2004年4月:同地検刑事部副部長
  • 2004年10月:同地検特捜部副部長
  • 2005年9月:横浜地検刑事部長
  • 2007年7月:東京高等検察庁
  • 2007年10月:東京地検公安部長
  • 2009年3月31日:検事退官
  • 2009年4月1日:弁護士登録
  • 2014年12月:第47回衆議院議員総選挙出馬し、初当選
  • 2016年10月:衆議院東京10区の補欠選挙に自民党公認で出馬し、当選

スポンサーリンク

若狭勝さんの出身は東京都の葛飾区です。こち亀の両さんで有名な街でもあり、下町とか庶民的なイメージがありますね。

若狭勝さんはそんな葛飾区に生まれ、小学校からとなりの区である足立区に引っ越してから、今まで50年以上住んでいます。

若狭勝さんの父親は、若いときにタクシーの運転手をしていましたが、足立区内で零細の町工場を経営するようになり、母親と一緒に現場で作業をしていたそうです。

若狭勝さんは子供のころから汗水流して働く両親の姿をみて育ちました。小学生の夏休みなどには両親の仕事の手伝いもして、工場で作業をすることもあったそうです。

そんな環境で育ってきた若狭勝さんは、法律家としてだけでなく、政治家としても、汗水を流して真面目に働く人たちが報われる社会をめざしているそうです。

また、若狭勝さんは1980年に司法試験に合格してから検事として活躍し、2009年には弁護士として登録しています。いわゆるヤメ検というものですね。

そんな若狭勝さんの今までを見ると、政治家の家系とはまるで正反対の、一般人の家庭に生まれながら努力でここまで来たという印象です。

最近まで法律家として活動していたので議員としてはまだまだ新人です。

経験も人脈もまだまだ少ないです。

だからこそ今回、除名処分にも恐れることなく、小池百合子知事を応援することができたのかもしれません。失うものは少ないということですね。

今後はどんな活躍していくんでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする