吉野正芳の秘書の高橋って有名なの?派閥や中国との関係はある?

東日本大震災に関する発言で話題が尽きなかった今村雅弘復興相が、ついに更迭されることが決まり、

その後任として、元環境副大臣の吉野正芳氏が新たな復興相に就くことになりました。

そしてもちろん、その吉野正芳氏に注目が集まっていますね。

もともと復興大臣という役職は何かと注目を浴びやすいもので、

初代の復興大臣は2011年3月11日の東日本大震災発生以降に、菅第2次改造内閣の防災担当大臣であった松本龍氏が務めたんですが、

彼もまた、不適切な発言が批判を集めて辞任していますし、その後に続いた歴代の復興大臣も、発言がおかしい、とちょくちょく取り上げられているようです。

スポンサーリンク

復興大臣はほかの大臣に比べて、国民(とくに震災の当事者)の注目を受けやすいので、

普段からの心構えや仕事に対する意識をしっかり保って、公の場での発言には細心の注意を払わないといけないんですね。

そんな中、今村雅弘氏の後任として、元環境副大臣の吉野正芳氏が復興相に選ばれたので、

今後は日本中の国民が吉野正芳氏の発言に注目することになりそうです。

そこで今回は、吉野正芳氏のことを調べて気になったことをいくつかまとめてみました。

吉野正芳の秘書の高橋って誰?有名なの?

吉野正芳氏のことを調べると、「秘書」「高橋」という関連ワードが出てくるので、

有名な秘書だったり、不祥事を起こしたりした過去があるのか、と思ったんですが

そういった情報は見つからなかったですね。

ただ、調べると、吉野正芳氏が過去に採用していたとされる秘書たちの名前は見つかりました。

挙げていくと、

政策担当秘書として、高橋彰

公設第一秘書として、野地誠

公設第二秘書として、石川貴文

などですね。

一般的に言うと、この「政策担当秘書」というのは公設の第一、第二秘書とくらべると、思い入れの強い秘書になります。

政策担当秘書は一応資格制度で、政策担当秘書試験に合格すると誰でも資格は持てるんですが、

選挙などの政治活動をおこなうにあたっては、資格の有無よりも、地域との繋がりが重視されますし、政治家の実質的なパートナーになる存在なので、

そんな政策担当秘書だった高橋彰も、吉野正芳氏にかわいがられていてメディアにも露出していたことがあったのかもしれませんね。

吉野正芳の所属する派閥は?

吉野正芳氏は自民党の細田派に属しているようです。

細田派は清和政策研究会の平成27年(2015)以降の通称で、会長は細田博之氏です。

この清和政策研究会は、保守の名門派閥で、自民党内では保守合同時の日本民主党(岸信介・鳩山一郎派)の流れをくんでいる、と言われているんですが、

親米を基調としながらも自主憲法論・憲法改正論を唱えたり、再軍備に積極的だったりと、今の安倍政権と同じような方向を向いている、という印象は受けますね。

スポンサーリンク

また、吉野正芳氏の所属団体を見てみると、

  • 神道政治連盟国会議員懇談会
  • みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
  • 日韓議員連盟
  • 再チャレンジ支援議員連盟
  • 自民党動物愛護管理推進議員連盟
  • TPP交渉における国益を守り抜く会

などなので、

こうやって見ても吉野正芳氏は「保守派」なことがわかりますね。

日韓議員連盟はちょっと気になったんですが、ここに所属している主要メンバーは全員が自民党議員で、

経歴や考え方を見ると、保守だったり韓国や中国に寄っている人もいたりと、いろんな思惑が入り乱れてそうな団体ですね。

吉野正芳と中国の関係はあるの?

吉野正芳氏を調べると、これまた「中国」という関連ワードが出てきたので、

中国と何らかの関係があるのか?

と思った人も多いと思います。

まあ政治家なので、中国となんらかの関わりがあっても珍しいことじゃないですし、それだけでどうこう言えるものでもないんですが、

結果的には中国と吉野正芳氏の間で、これといった関連は見つからなかったです。

それよりも、日本の「中国」地方の方がヒットしていますね。

2012年の衆議院選挙で、吉野正芳氏は自らの選挙区だった福島5区の選挙で敗れてしまい、比例中国ブロックに鞍替えして当選しています。

その後は中国地方に基盤を築かずに、福島県を中心に政治活動をおこなって、2014年9月に衆議院原子力問題調査特別委員長に就任することになります。

その次におこなわれた2014年の衆院選では福島5区で当選しています。

吉野正芳氏は福島で生まれ育った過去を持ち、

震災後も、吉野正芳氏は国会では復興のための質疑をかなり積極的に切り込んでいって、注目を浴びていたそうです。

メディアでの吉野正芳氏の発言を見ると、福島に向ける想いがかなり強いことがうかがえるので、

不祥事が続いた今村雅弘氏の後任としてはうってつけなんじゃないでしょうか。

まとめ

今回は、不祥事が続いた今村雅弘復興相の後任として選ばれた、吉野正芳氏について気になることを調べてまとめました。


吉野正芳の経歴などについてはこちらでまとめています⇒吉野正芳復興相の経歴や大学などの学歴と息子や家族について


個人的な所感ですが、今村雅弘氏が辞任するに至った最終的な発言、「東北でよかった」発言は、シナリオ通りだった、という印象も少し受けました。

その場にいた安倍首相が直々に、公の場で今村雅弘氏を更迭する、という行動をとるために、今村雅弘氏は原稿どおりに「東北でよかった」と読んだ、

そしてあらかじめ後任として決めていた吉野正芳氏が出てくる、

・・・・そんな気もします。

まあ実際のところはわかりませんが、政治なので、あらゆる可能性が考えられますよね。

いずれにしても、新しい復興大臣になる吉野正芳氏のこれからの言動には注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする